チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

「バスキア展 メイド・イン・ジャパン」【アートシーン】

f:id:tanazashi:20191101234310p:plain

 

バスキア展 メイド・イン・ジャパン

f:id:tanazashi:20191101234231p:plain

勢いのある筆づかい。

f:id:tanazashi:20191101234207p:plain

鮮やかな色彩。

f:id:tanazashi:20191101234257p:plain

1980年代ニューヨークのアートシーンに彗星のように現れたジャン=ミシェル・バスキアの作品です。今130点に及ぶ作品を集めた展覧会が開かれています。

f:id:tanazashi:20191101234329p:plain

1960年ニューヨークブルックリンに生まれたバスキアは幼い頃から美術や音楽に触れて育ちました。21歳の時初めて開いた個展が成功。一躍美術界の寵児となります。27歳の時ヘロインの過剰摂取で亡くなりましたが4000点以上の作品を残しました。

f:id:tanazashi:20191101234347p:plain

当初、街角の壁などに絵を書いていたバスキア。その初期の作品です。

f:id:tanazashi:20191101234400p:plain

道端で拾ったドアはバスキアにとって格好のキャンバスです。

f:id:tanazashi:20191101234416p:plain

宿泊した友人の部屋にある家具にも絵を書いてしまい追い出されたというエピソードも残っています。

f:id:tanazashi:20191101234436p:plain

敬愛するジャズミュージシャン達を描いた作品。

f:id:tanazashi:20191101234449p:plain

とりわけチャーリー。パーカーの即興的な演奏を好んだと言います。この絵には個展を開くために来日した時の体験も反映されています。

f:id:tanazashi:20191101234508p:plain

折り紙を見たバスキアは文字の形にも関心を示し、見たままに書き込みました。

f:id:tanazashi:20191101234525p:plain

バスキアの父はハイチ系の移民でした。かつてのアメリカには石鹸で洗えば黒い肌も白くなるという宣伝文句がありました。

f:id:tanazashi:20191101234539p:plain

これは石鹸が最初から黒かったらという皮肉でしょうか。

f:id:tanazashi:20191101234554p:plain

バスキアの自画像です。彼はインタビューの中でこう語っています。「僕の絵の中にいる黒人たちは喜んでいて理解されていると思います。僕の描く絵はそんな感じのものです」

f:id:tanazashi:20191101234151p:plain

この展覧会は東京六本木の森アーツセンターギャラリーで11月17日まで。

 

会場:森アーツセンターギャラリー

会期:2019年9月21日~11月17日

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。