チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

「正倉院の世界 ―皇室がまもり伝えた美―」【アートシーン】

f:id:tanazashi:20191103154244p:plain

 

正倉院の世界
―皇室がまもり伝えた美―

天皇陛下の即位を記念して正倉院宝物と法隆寺献納宝物を同時に公開する展覧会が開かれています。

f:id:tanazashi:20191103154149p:plain

正倉院を代表する宝物の一つ螺鈿紫檀五弦琵琶。正倉院には唐時代の中国からもたらされた宝物などが収められています。シルクロードの終着点とも言われる貴重な文化財です。五弦琵琶は古代インドに起源を持ちますが、残されているのは世界にこれ一つです。

f:id:tanazashi:20191103154202p:plain

ラクダに乗って琵琶を弾く西域の人物。シルクロードを通って異国の音楽が伝えられたことが想像されます。

f:id:tanazashi:20191103154213p:plain

背面の花文様は唐の時代に盛んに用いられていたデザインです。

f:id:tanazashi:20191103154226p:plain

黄熟香。東南アジア原産の人口と呼ばれる香木です。室町時代には蘭奢待という名がつけられました。

f:id:tanazashi:20191103154118p:plain

その名には東大寺の三文字が組み込まれています。

f:id:tanazashi:20191103154129p:plain

足利義政織田信長など時の権力者がこの香木を得たいと望んで一部を切り取ったことが知られています。

f:id:tanazashi:20191103154105p:plain

正倉院宝物を紹介する展覧会です。正倉院宝物は奈良時代の日本。当時の中国の唐から文化財が多く伝わっております。華やかな技術を伝えているものであると当時シルクロードを通ってアジア各地の要素というものが分かります。合わせて法隆寺の献納宝物というものを紹介します。法隆寺に伝わった古代文化の代表的なものでありまして、こちらを併せてご覧いただくことで古代の日本の国際色豊かな文化亭の感じていただけると思います」

f:id:tanazashi:20191103154053p:plain

法隆寺献納宝物の一つ海磯鏡(国宝、かいききょう)。直径およそ47センチの白銅の鏡です。聖徳太子の命日に納められたとされます。

f:id:tanazashi:20191103154039p:plain

山は大山など中国で崇められていた山々。水の流れは黄川などの大河を表しているという説があります。

f:id:tanazashi:20191103154022p:plain

法隆寺に伝来した 酔胡王の伎楽面。伎楽とは中国の仮面劇に由来するもので寺院の法会の際などに演じられました。西域の王であることを示す高い鼻。肌が赤く酔っているようです。

f:id:tanazashi:20191103154010p:plain

こちらは正倉院宝物の一つ同じ 酔胡王の伎楽面です。冠には赤や緑の繧繝彩色で華やかな花模様が描かれています。

f:id:tanazashi:20191103153959p:plain

法隆寺献納宝物と正倉院宝物。同じ 酔胡王の伎楽面ですが大きく印象が異なっています。

f:id:tanazashi:20191103153947p:plain

この展覧会は上野の東京国立博物館で11月24日まで。

 

会場:東京国立博物館 平成館

会期:2019年10月14日~11月4日、11月6日~11月24日

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。