チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

日曜美術館「幻の国宝 佐竹本三十六歌仙絵」

f:id:tanazashi:20191103150141p:plain

 

百年前、日本美術史を揺るがす大事件“絵巻切断”によって散り散りになった秘宝「佐竹本三十六歌仙絵」が今秋、京都国立博物館に集結する。

国宝級ともいわれる魅力に迫る。

百年前、日本美術史を揺るがす大事件“絵巻切断”によって散り散りになった秘宝「佐竹本三十六歌仙絵」(さたけぼん・さんじゅうろっかせんえ)が今秋、京都国立博物館に過去最大規模で集結する。

36人の名だたる歌人の肖像に、詠まれた和歌などが書き添えられた歌仙絵。

完全な状態であれば、第一級の国宝だったとされるこの絵巻はなぜ切断されたのか?

現代の文化人と最新科学が、歌仙絵の最高傑作に込められた魅力を解き明かす。

【ゲスト】東京大学大学院教授 国文学者…ロバート キャンベル,京都国立博物館 学芸部 研究員…井並林太郎,【司会】小野正嗣,柴田祐規子

f:id:tanazashi:20191103150341p:plain

日曜美術館「幻の国宝 佐竹本三十六歌仙絵」

放送日

2019年11月10日

プロローグ

京都国立博物館。幻の国宝とも言われる貴重な作品が今公開されています。鎌倉時代に描かれたとされる《佐竹本三十六歌仙絵》です。日本文学の礎を築いた和歌の第一人者。宮中に仕えた恋多き女歌人万葉集百人一首などに名を連ねる当代一流の歌人36人の肖像が描かれた歌仙絵。その最高傑作とされます。およそ800年前に描かれた名画が今も多くの人を魅了し続けています。「声を感じる。歌の声を。風景はないけれども。あの人が選んだ声を人物から感じることができる」「本当見事だと思うのは二つとして同じ者はもないんです。全部違う。似たように思うかもしんないけどよく見ると全部違う」描かれた当初。歌仙絵は上下2回巻物の姿をしていました。ところが100年前切断されバラバラになってしまうことに。しかし奇しくも切断されたことで絵巻は新たな芸術へと生まれ変わったのです。「単なる古美術、文化財ではなくて今のものとして存在感を放ってくるわけですね」佐竹本三十六歌仙絵。年を越え幻の国宝と歌われる作品の魅力に迫ります。

スタジオ

今日のテーマは佐竹本三十六歌仙絵。もし絵巻の形で残っていればもう間違いなく国宝級という大傑作なんですが、バラバラに来られちゃったんです。どうしてそんなことがね起きたんでしょうね。今日はまず歌を手がかりにこの傑作の魅力を紐解いていきます。

最高傑作の歌仙絵

鎌倉時代に数多く描かれた歌仙絵。歌仙絵とは歌人の肖像に詠んだ歌などを書き添えたもの。中でも最高傑作とされるのが佐竹本三十六歌仙絵です。恋の内を雅に歌い上げた女流歌人小大君。岩橋の夜の契りも絶えぬべし明くるわびしき葛城の神。夜の契りを交わした後、明るくなっても帰らない男性に姿を見せたくないと恥らう歌です。現代歌壇を代表する歌人 馬場あき子さん。歌の世界観が絵に見事に表現されていることが作品の魅力だと言います。「動きがありますし、叙情性があります。かちっとしたもんじゃなくて表情がある。表情っていうのは顔の表情だけじゃなくて姿に表情がある。装束の動き。着物の衣装の動き。乱れからその人物の内面に達する何かがあるって言うことね。そういうことはなかなかのもんだと思いますね」小大君の心情や歌の情景が表情や髪の毛の描きかたに見て取れるといいます。「この女の表情は色っぽい女してますね目つきがね。ちょっと流し目をするような身体を傾けながらこう上の方に流し目をしてるあたりがね。呼びかけている女っていうそういう感じになってるんでしょうね。やっぱり女の人のあの色っぽさってのはこの髪の流れで出したんですね。これは非常にあの乱れ方も美しい見られ方をしているし、下がり端ってんですけど半分これ切れてる髪がありますね。これがあの扇が間に合わない時には顔にかける。そういう髪。だから切ってあるんですよこれだけ。短くね。端正の中にある色っぽさとあの情緒というのを出して」逢瀬の後の夜明けに漂う上品な色香が表現されています。さらに歌人の佇まいが歌に寄せた心情をより際立たせる作品も。月の歌を詠んだ平安時代歌人藤原仲文有明の月の光を待つほどに我が夜のいたく更けにけるかな。空に昇る月を待ちわびながら自らの老いに思いを馳せるこの歌。老いを重ねた悲哀が歌仙のちょっとした仕草に現れています。「これなんか膝を見てますね。膝を見てるし、膝を押さえて立とうとしたのか。分かりませんそれは。だけどちょっと傾いて悲しい顔してます。どうしたんでしょうね。人生我が夜も痛く老けたんじゃないですか。こう膝に手をかけてね。痛いんじゃないですかね」読み手の内なる声を随所に感じさせる表現が、この歌仙絵が傑作たる所以と馬場さんは言います。「声を感じるわけ。歌の声を。風景はないけれどもあの人が読む選んだ声を人物から感じることができる。声っていうのはやっぱりある現場感を持ってますからね。その面白さもあるでしょうね。その人に成り代わって歌を読んでみると、何か違った。単なる歌よりももうちょっと面白い歌に読めてくることがある」情緒豊かな歌仙の絵姿が若一つ一つの持つ奥深い世界へと誘ってくれるのです。

スタジオ

今日のゲストをご紹介しましょう。

 

取材先など

 

 

blog.kenfru.xyz

 

放送記録

av98ingram.wpblog.jp

 

書籍

展覧会

 

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください