チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

「凹凸に降る」【アートシーン】

f:id:tanazashi:20191204185009p:plain

 

凹凸に降る

f:id:tanazashi:20191204184923p:plain

浜口陽三。何度も海外に渡り自身のスタイルを模索した20世紀後半を代表する版画家です。

f:id:tanazashi:20191204184935p:plain

彼がよく描いたのはさくらんぼやナッツ。背景に黒い闇が広がる哲学的な作品です。

f:id:tanazashi:20191204184946p:plain

この独特の風合いは銅版画によるもの。

f:id:tanazashi:20191204184958p:plain

銅の板に無数の傷をつけることで生まれる繊細な明暗です。

浜口の姿勢に共鳴し新しい表現を模索する現代作家3名の展覧会です。

テーマは凹凸に黒。

f:id:tanazashi:20191204185023p:plain

小野耕石の立体作品。浜口の闇とも通じるような黒い壁がそそり立っています。

f:id:tanazashi:20191204185032p:plain

回り込んでみると幾重にもページが連なる本だと気づきます。

f:id:tanazashi:20191204185043p:plain

黒いインクを固めた版を7206枚重ねました。時間の経過が込められています。

f:id:tanazashi:20191204185053p:plain

和紙職人で版画家の滝沢哲也が作った発酵絵画。

f:id:tanazashi:20191204185104p:plain

下地は米粉を塗り重ねたもの。

インクは発酵させた麹菌です。

日本各地の米や味噌の麹菌から生まれた不思議な作品です。

f:id:tanazashi:20191204185121p:plain

中谷ミチコの作品。

f:id:tanazashi:20191204185142p:plain

横から見ると凹凸がはっきり分かります。

f:id:tanazashi:20191204185153p:plain

石膏の型に彩色し透明樹脂を埋める独自の手法です。

f:id:tanazashi:20191204185204p:plain

今回浜口の作品と響きあうように展示したのは黒を基調とした夜を固める。

f:id:tanazashi:20191204185214p:plain

暗闇の中に浮かび上がる女の子の顔。黒の樹脂が深く透明感のある闇を作り出しています。

f:id:tanazashi:20191204185226p:plain

展覧会は東京中央区ミュゼ浜口陽三ヤマサコレクションにて、12月22日まで。

 

会場:ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション

会期:2019年10月5日~12月22日

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。