チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

「瀧口修造/加納光於 《海燕のセミオティク》2019」【アートシーン】

f:id:tanazashi:20191213210521p:plain

 

瀧口修造加納光於
海燕セミオティク》2019

f:id:tanazashi:20191213210501p:plain

詩人で評論家の故瀧口修造

f:id:tanazashi:20191213210513p:plain

実験的な版画と油彩で知られる加納光於

互いの創造性に共鳴しあった二人の作家の展覧会です。

f:id:tanazashi:20191213210451p:plain

加納の出発点は金属板を用いたモノクロームの版画でした。

f:id:tanazashi:20191213210441p:plain

滝口は加納と出会って以降、紙に絵の具を垂らし別の紙を押し付けるデカルコマニーの制作に没頭して行きました。

f:id:tanazashi:20191213210433p:plain

滝口の死後、今度は加納が色彩を追求するようになります。

f:id:tanazashi:20191213210422p:plain

絵の具をキャンバスに流し、フィルムを近づけて静電気の力で絵の具を操った作品です。

f:id:tanazashi:20191213210411p:plain

加納の最新作も紹介します。富山県美術館で12月25日まで。

 

会場:富山県美術館

会期:2019年11月1日~12月25日

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。