チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

日曜美術館「芸術を視る力 造る力 造形作家 岡崎乾二郎」

f:id:tanazashi:20191222231711p:plain

 

 

絵画、彫刻、建築、絵本と分野を横断した活動を続ける造形作家・岡崎乾二郎。軽やかにして複雑な作品は見る者の常識に揺さぶりをかける。

謎めいた岡崎の思索に迫る。

f:id:tanazashi:20191222231753p:plain

造形作家・岡崎乾二郎の芸術活動は多岐にわたる。

「抽象の力」で平成30年度芸術選奨文部科学大臣賞を受賞するなど、美術批評にも携わってきた。「岡崎乾二郎」の画像検索結果

絵画とも彫刻とも判別できない約40年前のデビュー作「あかさかみつけ」や、鮮やかな色彩が物語を感じさせる絵画で、岡崎は何を表現しているのか?

開催中の展覧会場を訪れた司会の二人は、作品を前に岡崎と語り合い、感じることと思索することが折り重なる岡崎のアートを体感する。

【出演】造形作家…岡崎乾二郎,美術史家…林道郎,詩人…阿部日奈子,詩人…ぱくきょんみ,【司会】小野正嗣,柴田祐規子

 

日経おとなのOFF 2020年 絶対に見逃せない美術展(日経トレンディ2020年1月号増刊)
 

 

芸術新潮 2019年 12 月号 特別付録:芸新手帳2020

芸術新潮 2019年 12 月号 特別付録:芸新手帳2020

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2019/11/25
  • メディア: 雑誌
 

日曜美術館「芸術を視る力 造る力 造形作家 岡崎乾二郎

放送日

2019年12月29日

プロローグ

f:id:tanazashi:20200107225140p:plain

造形作家 岡崎乾二郎

造形作家岡崎乾二郎

f:id:tanazashi:20200107225215p:plain

軽やかで美しい色彩を纏いながら、何を表しているのかと考えさせるその作品。

f:id:tanazashi:20200107225229p:plain

絵画や彫刻を始め、見るものは常識に揺さぶりをかけられます。

f:id:tanazashi:20200107225245p:plain

40年にわたる作家活動も美術の枠には収まりません。

f:id:tanazashi:20200107225259p:plain

建築の設計もすれば絵画のようなタイルも制作。

舞台美術やメディアアートなどあらゆる表現の分野を横断しています。

f:id:tanazashi:20200107225313p:plain

様々な批評や絵本も手掛け、文章家の一面も。全てに共通しているのが、見て感じたことを考え抜いて表現すること。そこから生まれる作品はどれも独創的です。

f:id:tanazashi:20200107230313p:plain

「僕としてはどんなことでも自分で考えて自分で答えを出さないと、人のやり方を真似するとすぐ忘れちゃうから逆に。自分で考えたことであれば、なんとも繰り返して、なんでも自分でわかるまで子供と言うから気が済まないと気持ちがあって」

f:id:tanazashi:20200107230327p:plain

 

f:id:tanazashi:20200107230340p:plain

1981年。25歳の岡崎の記念碑的な作品。《あかさかみつけ》

距離や角度見る位置によってガラリと印象が変わります。

大きさは30センチほど。

一枚の板から切り出されたかのようなパーツで構成されています。

f:id:tanazashi:20200107230359p:plain

素材はスチレンボードという美術作品にはほとんど使われていなかったものです。

初期ルネサンス絵画に着想を得たという色彩。

覗き込むと建物の中に入ったような、外とは別の空間が広がっていきます。

f:id:tanazashi:20200107230301p:plain

現代美術の研究所で学んだ後、岡崎は、これらの連作で初の個展を開きました。

f:id:tanazashi:20200107230253p:plain

個展のタイトルは「建物の気持ち」

それまでにない謎めいた表現に多様な解釈がなされ話題となります。

個展は新聞でその年の展覧会ベスト5に選ばれます。

美術雑誌でも特集の記事まで組まれました。

翌年にはパリ・ビエンナーレに選出されます。一連の作品によって岡崎は一躍注目の作家となったのです。

f:id:tanazashi:20200107230823p:plain

岡崎の40年にわたる作家活動を展望する展覧会が開かれています。

f:id:tanazashi:20200107230835p:plain

視覚のカイソウ

f:id:tanazashi:20200107230853p:plain

展覧会のタイトルは一冊の本をめぐるように回想しながら作品を再会してもらいたいと名付けられました。

 

展覧会会場

「この一角は岡崎さんの最初の個展に出されたシリーズっていうことなんですけれど、建物の気持ちという」「不思議な形をしたものが並んです」

f:id:tanazashi:20200107230906p:plain


 

一つ一つのレリーフが独立しながらも形や色が互いに響きあい連なっていく空間。

軽妙な造形と複雑な空間表現が混在するその斬新さが驚きをもって評価されたのです。

f:id:tanazashi:20200107230918p:plain

「見れば見るほど、絵画の要素もあれば彫刻の要素もあれば。建築の要素もある。あるいは都市デザイン的な要素もある。あらゆる要素が集約されているような作品で、絵画的な要素はあの色彩選び。塗りの選び。しかも壁に掛けられている。だからあれは絵画の伝統にさおさす作品ということもできる。もう一方で彫刻でもあって、単純な話、立体的な厚みもある。同時にああいう軽い素材で中に穴のある。空間のある構造体っていうのは、20世紀のとりわけ20世紀の彫刻史を見ていくとい、実験をした作家でそういったものの記憶を背負ってる作品でもあるその意味では本当に結節。いろんなジャンルの結節点のような、あんなに小さくて軽やかなのに、そういう膨大な人間がやってきた造形の記憶をいろんなスケールで呼び起こすような構造になっているということだと思います」
三角形の展開による立体的なフォルム。

頂点のみが地面に接し立っています。

高さ3 メートル。重さ1.2トンの彫刻は一点のみで支え合い、バランスをとっているのです。

重力に逆らうような軽やかさが非現実的な空間を生み出しています。

岡崎はレリーフで試みた空間や時間への考察を様々な表現で試みていきました。

東京武蔵野の高台。

2011年岡崎は自ら設計して自宅を建てました。

自作のタイルをはじめ随所に岡崎の手触りが感じられる家はひとつの立体作品のようです。

岡崎乾二郎は1955年東京の建築家の家に生まれました。

家庭には戦前のモダンな文化の気風が色濃く残っていたと言います。

「当時の児童教育で一番大事なのは、自分が感じていることを自分で再把握するってことを子どもたちに教える。幸い考えてみると、うちの父親は建築家で、もともと画家になりたくて、そういう人がいたと。まあ、母親の方が、祖父が牧師だったこともあって、教育的な環境というかそういう所。祖父自身も教育をしてたし、そういう関係にあった。一番僕にとって興味を持ったのは、その母親が洋裁が得意で、発明が隙だった。いくつか発明の賞とかもらって。今思うと、本を読むと言うよりなんでも作って自分たちで解決するっていうのが家の伝統にあったみたいだね」

岡崎のもう一つの顔とも言える批評活動。

膨大な知識と、人が気づかない視点で本質を突く批評は広く知られています。

去年出版した「抽象の力」は芸術選奨文部科学大臣賞を受賞しました。

日本の抽象画家たちが西洋絵画のあと守ではないこと。

同時代的に表現の革新を理解していたと評価したのです。

「抽象の力」で取り上げられた画家の一人、坂田一男。

岡崎の監修による坂田の展覧会が開かれています。

1889年岡山市に生まれた坂田一男。

31歳の時にフランスへと渡り前衛的な作品を発表します。

キュビスムを追求した抽象画家として論じられてきました。

しかし岡崎は帰国後の作品に注目。

同時代の欧米の作家と同じく、空間や時間を物質感あるものとしてカンバスに表現しようとしていたことを論証したのです。

同じような2枚の油彩。

坂田のアトリエは2度も冠水の被害に見舞われました。

この絵もカンバスの下の方の絵の具が剥落。

これまで水害を受けた作品として扱われてきました。

しかしそのダメージにこそ坂田が表現の可能性を見出していたのではないかと岡崎は推論しています。

 

「絵画が平面が、単なる何もない空間ではなくて中が詰まってるよって、示すのに一番簡単な方法は、それをハサミで切ることです。カッターで切ったです。そうしたらもっとボリュームがあるように見えてくる。作家がいますけど。坂田は今までもそうやってハサミで切ったり色々してた。冠水は文字通りですね、まさにはがされたところがこんな実在を持って、これはかなり嘘だと僕は思うのね。つまりこんなに地肌みたいな茶色いの出ない。これは絵の具を足しているんじゃないか。見事な土色ですよ。後で退色したり色が変化したキャンバスですよ。キャンバスなのにこんなに強い地肌になっている。たぶんここも僕は怪しいところだと。じゃあこの形は偶然できた穴ですかと言うと、前に絵画の構図的には輪郭線とか形として、その領域自体がデッサンの中にあらかじめあった形のように取り込まれてると言うか、うまく組み込まれている」「いつも言うのは、絵を見たときに、なんで描いたんだろうと。これが作られたものであると。それなりに時間をかけて作ったものっていあんまり無駄なことはしなくて、すべて意図ある者として考えなくちゃいけないんです。思いつきとかその時の気分で描いてるわけがない。しかも何回も反復してんだからだから。だから、絵は感じたものをとらえるっていうのは正しい。なぜ感じたかって言うのを確認するために何度も何度も、そう感じるようにその感じたことをただ同じことが再起するように描いていくわけですよ。だから見てる人も感じたことが他の絵でもあった。同じ効果があったっていうの確かめていけば、感じるだけで思考が組めると思うんですね」
 

取材先など

 

放送記録

av98ingram.wpblog.jp

 

書籍

 

芸術新潮 2020年 01月号 東京のミュージアム100

芸術新潮 2020年 01月号 東京のミュージアム100

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2019/12/25
  • メディア: 雑誌
 

 

展覧会

 

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。