チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

「鎌倉別館リニューアル・オープン記念展 ふたたびの『近代』」【アートシーン】

f:id:tanazashi:20200106205251p:plain

 

鎌倉別館リニューアル・オープン記念展 ふたたびの『近代』

f:id:tanazashi:20200106205305p:plain

近代の傑作を数多く所蔵する神奈川県立近代美術館

鎌倉にある別館が去年リニューアルオープンした記念の展覧会。

「ふたたびの近代」個性を尊重する時代近代を代表するシュルレアリスムの先駆者古賀春江の作品です。

f:id:tanazashi:20200106205323p:plain

陽気に踊る女性の姿。

空を飛ぶパラシュート。

科学雑誌などから最先端のイメージを切り抜き画面を構成しました。

古賀は近代を希望に満ちたものとして描きました。

f:id:tanazashi:20200106205346p:plain

一方同じシュルレアリスムの画家福沢一郎が描いた近代は。

交差する鋭いナイフ。

なぜか椅子は机の上に置かれ洋梨のようなものに火がつけられています。

福沢は近代を不条理なものとして捉えたと言います。

f:id:tanazashi:20200106205405p:plain

美術館を代表する1枚が1942年に描かれた松本俊介の《立てる像》

戦争の暗い影を落とす町並みにポツンと立つのは画家自身です。

当時、世論は画家に戦意高揚の絵を求めていました。

f:id:tanazashi:20200106205427p:plain

自分は何を描くべきか。その苦悩をありのままにキャンバスにぶつけた一枚です。

f:id:tanazashi:20200106205441p:plain

「現代から見るとその集団の意識といいますか、集団心理と言うか、学校や会社で同じ意見を持たなければいけない。グループでなければいけないとかそういう風に感じている人も多いと思うんですけれども。この絵は孤独でいることの大切だと言うか一人で立つということの重要さを見る人に与えてくれる。そういう側面があるかなと思っています。近代と言うと今から見るととても古いものであったりとか、そういう印象を受けるものもあるかもしれません。ですけども例えば近代の意味する新しさっていうのが、美しいものを美しく描かないことであったり、社会への何らかの提言であったり。そういった様々な多様な新しさの形態がここでは見ることができると思います。

f:id:tanazashi:20200106205516p:plain

「ふたたびの近代」は1月19日まで。

 

会場:神奈川県立近代美術館 鎌倉別館

会期:2019年10月12日~2020年1月19日

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。