チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

「伊藤久三郎展 夢の中でみた世界」【アートシーン】

f:id:tanazashi:20200129215646p:plain

 

伊藤久三郎展 夢の中でみた世界

戦前から70年代にかけて活躍した伊藤久三郎。

f:id:tanazashi:20200129215702p:plain

京都における抽象画の先駆者とも言われます。

伊藤は英語フランス語ドイツ語に堪能で、海外から最新の美術情報を入手しては自らの作品に活かしたと言います。

f:id:tanazashi:20200129215715p:plain

シュルレアリスムの影響を受けた伊藤が夢の中の世界を多く描きました。

f:id:tanazashi:20200129215726p:plain

戦後、伊藤の作風は抽象的なイメージへと変化していきます。

f:id:tanazashi:20200129215736p:plain

こちらでは平面作品に凹凸を表現しました。伊藤が常に求めたのは変化。

f:id:tanazashi:20200129215746p:plain

変化しながら独自の世界を探し求めました。

f:id:tanazashi:20200129215638p:plain

京都市京都文化博物館で3月8日まで。

 

会場:京都文化博物館

会期:2020年1月4日~3月8日

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。