チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

「山田耕筰と美術」【アートシーン】

f:id:tanazashi:20200209181152p:plain

 

山田耕筰と美術

f:id:tanazashi:20200209181207p:plain

日本人初の本格的な作曲家といわれる山田耕筰の軌跡をたどる展覧会です。

24歳でドイツに留学した山田。

f:id:tanazashi:20200209181217p:plain

持ち帰った版画で展覧会を開くなど美術にも深い関心を持っていました。

f:id:tanazashi:20200209181227p:plain

山田は交流のあった版画家、恩地孝四郎を楽譜の装幀に起用。実際に山田が演奏した曲を聴き恩地が創作したと言います。

f:id:tanazashi:20200209181239p:plain

創作版画で高い評価を得ていた恩地は豊かな発想で楽譜を彩りました。

f:id:tanazashi:20200209181251p:plain

その交友は新たな時代の芸術を生みました。

f:id:tanazashi:20200209181143p:plain

宇都宮市栃木県立美術館で3月22日まで。

 

会場:栃木県立美術館

会期:2020年1月11日~3月22日

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。