チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

「祈りの造形 沖縄の厨子甕を中心に」【アートシーン】

f:id:tanazashi:20200224201441p:plain

 

祈りの造形
沖縄の厨子甕を中心に

f:id:tanazashi:20200224201514p:plain

東京 日本民藝館に沖縄の厨子甕が揃いました。

古くから先祖崇拝する深い信仰の島沖縄。

f:id:tanazashi:20200224201537p:plain

その信仰の証しとなる厨子甕。

いわゆる骨壺です。沖縄ではこの厨子甕が祈りの形でもあるのです。

f:id:tanazashi:20200224201456p:plain

戦前まで死者の弔いは風葬でした。死者は墓の中に数年安置され風化するのを待ちます。その後洗骨というしきたりで骨を水で洗い清め厨子甕に納めます。死者を思い、様々な形の厨子甕が作られてきました。

f:id:tanazashi:20200224201431p:plain

最初に作られた厨子甕は屋根がついた家型でした。

f:id:tanazashi:20200224201355p:plain

これは1625年頃。400年前に作られた厨子甕です。

f:id:tanazashi:20200224201345p:plain

側面に彫られた文字から身分の高い人ということがわかりました・素材は山石と呼ばれる石灰岩。最も古いタイプです。

この素材は珊瑚石灰岩。海石と言われています。

f:id:tanazashi:20200224201333p:plain

厨子甕は亡くなった人を思いながら数年かけて作るオーダーメイド。そのため個性も豊かです。

f:id:tanazashi:20200224201307p:plain

屋根に飾ったしゃちほこと宝珠は素朴で愛嬌もあります。

f:id:tanazashi:20200224201319p:plain

僧侶もどこか可愛らしい姿。

f:id:tanazashi:20200224201251p:plain

そして厨子甕のもうひとつの形が陶器製の甕方。

1670年頃から登場し厨子甕を作る風習は一気に庶民にまで広がりました。

f:id:tanazashi:20200224201231p:plain

厨子甕に窓が付けられるようになります。

窓は魂の通り道です。表面には思い思いの装飾が施されました。

f:id:tanazashi:20200224201212p:plain

18世紀に入り焼き物の家型が作られるようになりました。

焼きあがってから彩色します。故人が気に入ってくれるような永遠の最高のすみか。

一つ一つの装飾に思いが込められています。

f:id:tanazashi:20200224201201p:plain

「どうしてこういうものを沖縄の人たちが作ることができたのかっていうことを考えますと、沖縄の人たちが美を作る本能を持っていた。もう一つは沖縄の子達が持っていた信仰の厚さだと思います」

f:id:tanazashi:20200224201044p:plain

展覧会は3月22日まで。

 

会場:日本民藝館

会期:2020年1月12日~3月22日

 

 

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。