チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

「近代の博覧会と茶の湯」【アートシーン】

f:id:tanazashi:20200304211157p:plain

 

近代の博覧会と茶の湯

明治という近代化の中で日本文化を担った茶の湯を紹介する展覧会です。

f:id:tanazashi:20200304211243p:plain文明開化とともに伝統文化が顧みられなくなった時代。

f:id:tanazashi:20200304211307p:plain

世界に通用する日本の伝統とは何か。模索が続いていました。

f:id:tanazashi:20200304211322p:plain

柱の一つとなったのが日本の美意識の結晶とも言われる茶の湯でした。

f:id:tanazashi:20200304211147p:plain

明治5年の京都博覧会では新たに流麗という抹茶の作法が披露されました。

f:id:tanazashi:20200304211134p:plain

テーブルと椅子を使って外国人に正座を強要することなくお茶を楽しんでもらいます。

f:id:tanazashi:20200304211121p:plain

新しい時代に寄り添った新たな日本の形でした。

f:id:tanazashi:20200304211103p:plain

この展覧会は3月17日から再開を予定しています。

 

会場:市原湖畔美術館

会期:2020年1月7日~ 新型コロナ対策のため臨時休館

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。