チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

新美の巨人たち 徳川家の野望が生んだ美しき名城『二条城』後編

f:id:tanazashi:20200405152158j:plain




 

シリーズ「春の京都で美に憩う」第3弾は2週連続で世界遺産『二条城』!各所に施された京都の名城こだわりの装飾美や謎をシシド・カフカさんが巡ります。今回はその前編。
『二条城』は1601年造営。天下分け目の大戦、関ケ原の戦いの翌年に徳川家康が築城し、十五代将軍・慶喜大政奉還を宣言した、まさに江戸時代の幕開けとその最期を見届けた古城です。実はこの『二条城』、一般の城とは全く違う姿をしているのですが、一体なぜなのか?
現在の『二条城』の姿になったのは1626年。三代将軍・家光が大改築を敢行しました。狩野探幽率いる江戸幕府御用絵師集団・狩野派や、御所や南禅寺の庭も手掛けた小堀遠州など、美術史に名を残す巨匠たちによって当時の最先端の芸術で美しく煌びやかに装飾された建物や庭…実はそこに数多くの驚きの仕掛けが!その背景には家光の苦悩と野望が隠されていました。
そして最新芸術プロジェクションマッピングで古城に華麗な花を咲かせます。煌びやかな芸術で人々を魅了した『二条城』に、再び華麗な現代の息吹を吹き込むように…。

 

日経おとなのOFF 2020年 絶対に見逃せない美術展(日経トレンディ2020年1月号増刊)
 

美の巨人たち 徳川家の野望が生んだ美しき名城『二条城』後編

放送:2020年4月25日

 

***************

 

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。