チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

「共鳴する刻(しるし) ―木口木版画の現在地」【アートシーン】

f:id:tanazashi:20200706081634p:plain 

 

「共鳴する刻(しるし) ―木口木版画の現在地」

f:id:tanazashi:20200706081649p:plain

明治時代。

印刷物の挿絵技法としてイギリスから伝わった木口木版画

日本では美術表現の一つとして現代の作家たちに受け継がれています。

f:id:tanazashi:20200706081704p:plain
輪切りにされた木の断面の小口に髪の毛ほどの微細な線を刻む。
これが木口木版の技法です。

f:id:tanazashi:20200706081718p:plain

斎藤亮太は山形の羽黒山に聳え立つ杉をモチーフにしました。

f:id:tanazashi:20200706081730p:plain

f:id:tanazashi:20200706081734p:plain

樹齢千年を超える大木の姿を木の年輪に彫り込みます。

f:id:tanazashi:20200706081546p:plain版画に彩色する手法を取る林千恵。

f:id:tanazashi:20200706081602p:plain

木口木版は木の記憶に自らの記憶を重ね合わせる親密な作業だと言います。

f:id:tanazashi:20200706081535p:plain

福島県須賀川市のccga現代グラフィックアートセンターで9月6日まで。

 

会場:CCGA現代グラフィックアートセンター

会期:2020年7月4日~9月6日

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。