チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

「狩野派学習帳 今こそ江戸絵画の正統に学ぼう」【アートシーン】

f:id:tanazashi:20200726204010p:plain

 

 

狩野派学習帳 今こそ江戸絵画の正統に学ぼう

室町から幕末に渡り400年。
日本美術を牽引してきたのが狩野派
個人の才能による質画よりも模写を重ね伝統を守り続ける学画を重視し安定感のある筆使いを追求してきました。
「江戸絵画の人気が定着して、びっくりするような作品ですとか、強烈な個性を持った絵師達が注目されていますけれども、狩野派の確かな筆の力。古典の学習を重ねた魅力。様式を統一したことなど幕府の信頼を一身に受けて活躍し続けていきたと言った狩野派の魅力を改めて知って学んでいただく機会になればと考えております」
江戸絵画の正統であり続けた狩野派の魅力に迫る展覧会です。
狩野派の始まりは室町時代、京都にいた狩野正信。
水に浸かった枯れた蓮にしがみつく一匹の蟹。
蟹の甲羅の質感は繊細な筆遣いであり中国の滄州画を模写した可能性が高いと言われています。
中国画の筆使いを体得した政伸の学習の一端が感じられます。
江戸幕府に仕えた狩野探幽
伝統を学ぶ一方独自の様式を展開していきます。
空白の中に富士山や三保の松原などがあっさりと書き込まれています。
探幽はあえて多くを書き込まず、余白によって表現する瀟洒淡麗な江戸狩野派様式を確立。狩野派の全国制覇の基礎を固めました。
狩野派の元には多くの絵師が技術を学びに来ました。
その一人が逸見一信。
源平合戦を描いた屏風絵。
左席には屋島の戦い。右席には一ノ谷の戦い
華やかな金地の中色彩も鮮やかです。
細かく描き込まれた源氏と平家の武者たちの姿。
波の表情まで丹念に描かれています。
この屏風の裏には源氏と平家の領有を示唆しているのか、龍と虎の姿が描かれています。
墨の濃淡を使い分けた龍の躍動感や、にじみを生かした虎の模様の描写。
様々な技法が見受けられ狩野派の伝統の技が伺えます。
東京の板橋区立美術館で8月10日まで開かれています。

 

会場:板橋区立美術館

会期:2020年7月11日~8月10日

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。