チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

新美の巨人たち 横尾忠則×シシド・カフカ…予言的美術展が伝える今を生きるヒント

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/t/tanazashi/20200405/20200405152158.jpg



 

 

新型コロナ蔓延の世界を予見したかのような横尾忠則作品群…話題の最新美術展に見る、これからの時代を生き抜くヒントとは?
▼横尾×シシド・カフカによるリモート対談も!

 

日経おとなのOFF 2020年 絶対に見逃せない美術展(日経トレンディ2020年1月号増刊)
 

美の巨人たち 横尾忠則×シシド・カフカ…予言的美術展が伝える今を生きるヒント

放送:2020年8月1日

 

兵庫県神戸市。
今日は不思議な場所に皆さんをご案内しましょう。
中に入ると、マスクをつけ白衣を着た人が。車椅子にベッド。
病院のように見えます。
でも周りには絵が飾られていますね。
一体どういうことでしょう。
お医者さんに聞いてみます。
「医者じゃ有りません。学芸課長の山本と申します。美術館横尾忠則さんの個展なんです。美術館全体を病院にしてしまおうという。そういうコンセプトになってます」
今開催中の展覧会。
兵庫県立横尾救急病院展。といいます。

仕掛けたのは日本を代表する美術家の横尾忠則さんです。

コロナの時代。横尾さんは自身のtwitterに毎日のように作品を発表し続けています。

世界的なスターの絵にマスク、マスク、前代未聞のマスクアート。

神戸の美術展では開会式に招いたお客さん全員をマスク姿に。
この日は今年1月31日。

コロナの恐怖がまだ今ほど蔓延していなかった頃のマスクパフォーマンスでした。

いったい横尾さんはマスクを通して何を伝えたいのでしょうか。

その謎に挑むのはシシドカフカさん。

「横尾さん自身がこのコロナをどう見て、そして今後どうそれが影響が今後の作品あるのかどうか聞いてみたい」

初めましてカフカと申しますよろしくお願いします。ご自身が体感していること体で感じていることをそのまま作品に表現されてるのかなって

「肉体の脳って言うんですか。僕は肉体の何て言う言葉を勝手に作ってるんですけども、ここ(頭)の肉体じゃない。指先に肉体があるかのような感じで」

横尾さんのいる成城のアトリエとシシドさんのいるスタジオ。さらに神戸の美術館を結んで横尾作品の謎解きをしていきましょう。

実は今製作中の超大作もアフターコロナの世界を描いているそうなんです。

 

 

2012年。横尾さんの生まれた兵庫県に開館した横尾忠則現代美術館。

検温まではどこでもお馴染みですが・・・

もしもの時の連絡先は、問診票。

これに記入します。

手術中のサインや、横尾さん本人のレントゲン写真。

病院でよく見る待合のベンチも。

外来診療案内。

院展なんて聞いたことがありません。

実は横尾さん自他共に認める大の病院好き。

「先生本気になって触っちゃうから痛いです」

少しの怪我でもすぐ医者にかかるそうです。

これまでに、喘息、不眠症、顔面神経麻、痺帯状疱疹、難聴など病歴は数知れず。

日記に血液検査の結果を張るほど体調には神経質なんです。

ではまずこの不思議な美術展から見ていきましょう。

 

 


作品の展示室には小児科や外科、産婦人科など、様々な診療科の名称がつけられています。

入院病棟には横尾さんが経験した病気や怪我そのものを描いた作品が

1970年、横尾さんは原因不明の足の痛みに襲われ入院。

その時の写真をもとに描かれた自画像です。

動脈血栓を疑われ、医師から足の切断をほのめかされたと言います。

こちらは横尾さんの代表作。

Y字路シリーズの一作品。

横尾さんの故郷、兵庫県西脇市に実際にあるY字路の風景。

それを元に様々な体験を描き込んできました。

このY字路には救急車。

中に自身の姿と奥さん。

運転席に敬愛する画家のジョルジョ・デ・キリコ

そして担当の編集者。

どこかユーモラスな雰囲気ですが。
山梨県石和温泉を訪れた時。

夕食でアレルギー症状を起こして救急搬送された時の思い出です。

奇妙に顔がゆがんだ自画像もあります。

実際に顔面神経麻痺に見舞われた頃の絵。

ここ数年横尾さんを悩ませている難聴。

それもテーマになっています。

新聞で定期的に連載している書評なのですが、この回だけ文字が読めない。

難聴で音が聞こえづらい感覚を形にしてみたそうです。

今難聴になっていると伺いましたけれども、難聴がご自身の作品に影響を及ぼしていたりとかはしますか?

「絵の方も何となくもうろうとした絵になってきた。そういう風に描こうとしてなかったんだけれども、やはり体に与えて与えられた影響がそのまま作品に反映するんでしょうね」

横尾さんにとってのご病気だったり怪我っていうのはどんな存在どんな経験ですか

「運命に任せちゃおう
病気になる病気も


これも運命じゃないかっていうその病気で苦しい


とか言いたいっていうこととは別に


そのことがその後の人生にとって


とってはあの必要


だったような気がするんですよね


だからまた病気を操作すれば


俺もチャンスか


なあなんて病気はチャンス


横尾さんは病気をするたびに


それを創作の力に変えてきたんです


いったいなぜ幼い頃から体の弱かったよ


ごーさんさん歳の時


呉服商を営むお家に


足にもらわれて育ちました


家にこもって絵ばかり描いて


ご歳の頃には絵本の挿絵を緻密に模写


するまでの腕前に


得意の絵を活かせる仕事として選んだのが


デザイナーでした


独特な色彩と構図のポスターは


アングラ演劇界を


当時の若者の絶大な支持を得て行きます


1968年モダンアートの殿堂


ニューヨーク近代美術館


横尾さんのポスターは


時代を代表する作品に選ばれました


その名は世界に知れ渡りますとして


人気絶頂だったよん


じゅーご歳の時よこさんは


デザイナーとしてだけでなく


画家として独自の道を歩み始めるのです


では再び頭の横尾救急病院展


小児科と名付けられた展示室には


幼稚園の運動会の思い出を描いた


懐かしいベーコンの


会合私にアイスクリームを食べる


少年時代の横尾さんと優しく見守る父親の姿


でも仲睦まじい絵をただ描くだけでは


やはりないですものね


その周りにある私には


その日に見えるんだけど


炎に包まれているように感じるのだったり


赤く染まる街並み


これは1995年の神戸の震災の


様子ですキャンバスの上に目をやると


人ですねお顔が見えます合成の写真


まるで死者の魂が浮遊しているかのように


コラージュされています


両親が僕が養子に行った頃には


もうすでにごじゅー台の後半だったから


まあ老人ですね


昔のごじゅー代後半って言うと一般の人


の親よりも早く死ぬんじゃないかって言うね


そういう親がいなくなる恐怖症ってのは


随分ありましたね


そういったものがまだ戦争の恐怖が結びついて


いい子に対して恐れて言うのか


それがどんどんどんどん

受け付けられたような気がするんですね

絵の中には耳や指など

やはり病気や怪我に犯される

肉体の部分が描写されています

肉体はいずれ滅びる

横尾さんは病気やケガを描くことで自分が死ぬということをずっと追求してきたんです

今横尾さんの関心を捉えて離さないのが

全世界でおよそ65万人の死者を出している新型コロナウイルス

今回のそのそういうこと

コロナがなんかこう

横尾さんの創作絵に与えた影響っての

やっぱり大きいですか

今頃なって言うと

やはり非常に恐ろしい存在じゃないですか

みんなが自分のせいか人生の中あるよ

創作の中でね

しっていうものをかなり積極的って言うのか

消極的もひっくるめてあの子と無関係では

売れなくなったなっていう感じがしますね

そのコロナを通して

僕他の色んなしっていうことでも

興味が出てきたんじゃないかな

操作食ってるなあのしっていうものと

僕の中では深く結びついてるんですよね

だからあのこれは逆にあの

コロナ利用できるんじゃないか

みたいなところもあると思うんですよね

むしろコロナと共存することによってね

ネガティブパワーを肖像っていう

あのポジティブなパワーに
それを切り替えるって言うのか

それを逆に利用するっていう

そういったことで

新型コロナウイルスの二の力を

取り入れるこれは中国のあの方

繊細な削り出しの技が

一筋一筋に魂を宿す

純粋な美しさをさらに引き立てる

 

 

 


横尾さんがtwitterを通して積極的に発信し続けているシリーズがあります。

自らデザインしたマスクの絵を中国の歴史的な指導者毛沢東肖像画にコラージュしました。

アインシュタインにも真っ黒

他にもビートルズやdavid_bowieなど

withコロナというシリーズ作品

横尾さんの過去の作品や実際の写真を加工した前代未聞のマスクアートです。

あの遊びの要素を入れて


ユーモアな要素を入れて


それでそのマスクを


一つのメッセージに並んで来ないかな


と思ってコロナをと対立するんじゃなくって


コロナと共生共存っていう形で寝て


逆にコロナを対象にして作品を


作っていくこれもね


今までの僕の中にない発想で


実は旅行さんが


マスクを作品として取り上げ始めたのは


にじゅー代の時でした


マックが当たり前になる世界を予言したかのように

神戸市の横尾忠則現代美術館

今開催中の旅行救急病院店産婦人科にも

コロナの世界を予言したかのような作品が展示されています

チェックナレーションという一連のシリーズに

たくさんの天使が描かれていますよ

横尾さんにとって天使は創作にインスピレーションを与えてくれる大切な存在なのだとか。

1991年に発表された放たれた霊感でも天使は想像の女神として描かれたはずでした

しかしなぜかへの上には中国の万里の長城

北天使はピストルを持って描かれました

今この作品を見ると

まるで新型コロナウイルスと戦う

白衣の天使のように見えるそうです

ピストルの中に込められた魂っていうのは

インスピレーションなんですよ僕ん

だけどね芸術の天使なんですね

でも今のこのころな時代と重なって

考えるとねあの白衣の天使としてのね

存在にこの頃な時代に

変わってしまったと思うんですよね

別の中には

そういうシンクロニシティってな

しょっちゅう起こるんですよ

芸術とは見る人の心や時代を

映し出す鏡のようなものです

ある作品が後の世界を正確に予言した

かのように

突然重要な意味を持ち始めることも多いので

東京世田谷の横尾さんのアトリエはちじゅーよん

歳の横尾さんが超対策に挑んでいます

手が空いているのは

コロナの危機が去った後の世界

それもまた


予言

 

 

 

 


84歳を迎えた横尾さんが新作に取り組んでいます。

縦2メートルもの巨大なキャンバスが何枚も連なるテーマは千年王国

コロナという全人類共通の危機。

それを経験した様々な人種の人々が思い思いに過ごす様子を描いているそうです。

横尾さんが見据えるアフターコロナの未来とはま

今回のコロナで出来なくなった事が多かったりだとか

みんながその自分の死生観というものを考えたりだとかその出来なくなったところから

自分は何がしたいんだろう、どうしていくべきなんだろうって考えることがなのかなっていう風にも胸が

この時間が学校

かけがえのない時間のように感じるように

みんながなってきたんじゃないかと思うんですよね。だから今まで未来って言うと、それぞれ人の中でいろいろの時間軸があったけども、今はなんか全部一つの未来ってのは怖いですね一斉にみんながね、ある日突然地上から、地球上からいなくなる可能性だって出てくるわけですよね。

そうですねこの中がない時代にはそういうものの考え方はしなかったと思うんですよね

個人で色々考えたりするけど

なんか今年、地球だけで同じような考え方になってますよね

戦争は休戦しましょう何ていうそういうあのあれが決まりました

けれどもそのぐらい

戦争まで止めてしまうところだって

言うな先生に強いんですよ

やっぱり自分のことだけじゃなくて

他者をどう思う行動するかっていうのが今回ものすごみんな考えたところ

何がそこでじゃ
どうやこれは

これからの大きなテーマになってくるんでしょうね。国と国との戦争も、

人種間の諍いも


よこさんの予言する未来では


なくなっているのでしょうか


そこに現れる王国はひゃくえんなのか


それともコロナの醸し出す府の力を


一瞬でポジティブに変えてみせる


それが横尾忠則のアートのチカラ

 

 

***************

 

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。