チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

「明治錦絵×大正新版画 -世界が愛した近代の木版画-」【アートシーン】

f:id:tanazashi:20200912094127p:plain

 

 

明治錦絵×大正新版画 -世界が愛した近代の木版画

f:id:tanazashi:20200912094108p:plain

近代以降世界に向け日本のイメージを作ってきたのが錦絵です。
デザインを描く絵師。
木版に掘る彫師。
絵に刷る刷り師の共同作業です。

f:id:tanazashi:20200912094225p:plain

それをまとめたのが版元と呼ばれる人たちです。

f:id:tanazashi:20200912094213p:plain

「この度明治の錦絵として中心的にご紹介してるのは

f:id:tanazashi:20200912094203p:plain

版元、大倉孫兵衛の作品です。

f:id:tanazashi:20200912094144p:plain

新版画に関しては版元土井貞一を特集しています。海外の輸出を意識したふたつの木版画。近代の木版画の展開をご紹介をしております」
大倉孫兵衛と土井貞一。
二人の版元に焦点を当て、世界へ発信された錦絵や木版画を紹介する展覧会です。

f:id:tanazashi:20200912094042p:plain

江戸末期。絵草紙屋の息子に生まれた大倉孫兵衛。

f:id:tanazashi:20200912094034p:plain

明治七年金栄堂をおこし、

f:id:tanazashi:20200912094053p:plain

錦絵や版本などの出版事業を始めます。

f:id:tanazashi:20200912094024p:plain

孫兵衛が海外に輸出した錦絵の数々。
この事業で莫大な利益を得たといいます。
花鳥や美人画などは江戸時代の浮世絵から続くモチーフでした。

f:id:tanazashi:20200912094015p:plain

髪の生え際に現れる繊細な彫りの技術。
紅や紫などの鮮明な色彩は明治錦絵の特徴。

f:id:tanazashi:20200912094008p:plain

その刷り技術は当時の最高品質と言えます。

f:id:tanazashi:20200912094000p:plain

表装の額の絵も含めて、孫兵衛の版元としての造形感覚が伺えます。

f:id:tanazashi:20200912093952p:plain

孫兵衛は版元として培った経験を生かし陶磁器の輸出製造でも成功を収めました。
錦絵の花鳥をモチーフにした皿。
枠の装飾性と花鳥を囲む余白のバランス。
孫兵衛の美意識が見事に反映されています。

f:id:tanazashi:20200912093945p:plain

大正時代に入ると新版画が登場します。
版元は土井貞一。

f:id:tanazashi:20200912093937p:plain

版画家の川瀬巴水や土屋光逸とともに新版画を盛り上げていきます。

f:id:tanazashi:20200912093925p:plain

土井は日本でフランス語教師をしていた詩人、ノエル・ヌエットのスケッチに注目します。

f:id:tanazashi:20200912093912p:plain



ヌエットは絵にも造詣が深く、日本滞在中多くのスケッチを残しています。

f:id:tanazashi:20200912093905p:plain

土井はこうしたスケッチを新版画として発表するように持ちかけました。

f:id:tanazashi:20200912093859p:plain

こちらが版画となった作品。
ヌエットの版画は染料を駆使して新しい感覚を打ち出しています。

f:id:tanazashi:20200912093851p:plain

それは明治錦絵のような江戸時代を色濃く残す風景だけではなく、近代建築を混ぜることで西洋の日本への理解を身近にしました。

f:id:tanazashi:20200912093843p:plain

等身大の日本の姿を発信する事に努めたヌエットや土井の功績が伺えます。

f:id:tanazashi:20200912093834p:plain

横浜市の神奈川県立歴史博物館で9月22日まで。

 

会場:神奈川県立歴史博物館

会期:2020年8月25日~9月22日

ch.kanagawa-museum.jp

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。