チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

日曜美術館「見つめ直す日本の美~第67回 日本伝統工芸展~」

f:id:tanazashi:20200917212351p:plain

 

 

卓越したものづくりが一堂に介す日本伝統工芸展が始まります。

応募総数1280点から入選563点が選ばれ全国十か所を巡ります。

番組では16点の入賞作品を紹介。

f:id:tanazashi:20200917212616p:plain

昭和29年から開催されてきた日本伝統工芸展。

今年は新型コロナウイルスの影響を受け、一時は開催すらも危ぶまれました。

コロナ禍において作家たちが自身と向き合い生み出された作品たち。

その創作の現場を訪ね、匠(たくみ)の技や作品に込められた思いに迫ります。

 

 

 

 

日曜美術館「見つめ直す日本の美~第67回 日本伝統工芸展~」

放送日

2020年9月20日

 

卓越したものづくりの技が一堂に会す、日本伝統工芸展が今年も開かれています。

新型コロナウイルスの脅威が続く中でも全国から1280の作品が集まりました。

例年とは全く異なる状況で自分自身と向き合い創作に挑んだ作家たち。

「すごい悩みました。今年なかなか手をつけることができなくて、それでずいぶん悩んで」「コロナで仕事のペースが変わってしまったんですけど、改めて時間が出来たこともあり、じっくりと大きなものに挑戦することができました」

そして生まれた作品。

「こういう節目の大変な時期にもやはりこれだけ美に対するアプローチをしてそれが人の重い心を和ました年になるんじゃないかな」

今改めて見詰め直す日本の手仕事の美しさです。

 

 

 

雲間からご来光。

かつて山頂で見たとびっきりの光景を形にしました。

漆を塗った後に磨きなどの手を一切加えない塗りたてという技法が使われています。

刷毛の跡を残さず塗りあげる高度な技術です。

流れ落ちるような緩やかなくぼみは雲の流れ。

シンプルな形の中に風景を取り込んだ匠の技です。

普段は表具の仕事をしているという人見祥永が一年をかけて作った箱。

使われているのは和紙。

何十枚も重ねて漆で固めています。

和紙を寄せて作った皺を生かした矢羽根の形。

本物の玉虫の羽による緑色のラインが鮮やかです。

応募作1280の頂点に立った作品はこちら。

氷壁

厳しい冬の岩場。

その側面に雪と氷が張り付きます。

凛とした表情はこれまでにない新しい技法で生み出されました。

福島県会津若松市

400年以上の歴史を持つ伝統工芸、会津漆器が今に伝えられています。

「今日は宜しくお願い致します」

この地で生まれ育った須藤靖典さん。

案内された工房は予想外の不思議な場所でした。

「ここは工房、アトリエ。あれ何か伝統工芸展はプラモデルで・・・」

「子供の頃からプラモデル作るのは好きで、基本ものを作っていく習慣はこういうところが始まったような気はします」

制作の中で最も楽しいのはデザインを考えることだと言います。

「鉛筆やボールペン書きですが、ここは銀でやろうとか、ここは金でやろうとか最終的にきちっととしたいという時にコンピューターで処理し、コンピューターで、頭の中でイメージしたものを表現するようにしてます」

手書きした作品のイメージを一旦コンピューターで清書。

細かな模様の最適な組み合わせを探ります。

「自分のイメージを確実なものにしたい」

元々は県の研究機関に勤めていました。

家の内装にも使える漆の合成塗料などを開発し、今は後進の指導にあたっています。

今回の作品で使われているのは須藤さんが得意とする蒔絵。

まず漆を塗り、乾かないうちにそこに撒き散らすのは・・・。

「砂糖の炭。舐めると苦い」

砂糖を焦がして黒くした粉砂炭。

独特の深い光沢を放つ黒。

「今度はそこにこの雪が付着すると言いますか、雪の光景と言いますか、そういった光景を出すために、今回一番のどうしようかなと思って苦労したのが点描の表現方法なんですね」

さらに絵画でよく使われる技法も。

「ぼかし網って言って、網の所にブラシでもってここすると・・分かります」

最後に銀。

この作業を何度も繰り返すことで雪が降り重なる様子を表現しました。

「平面でピシッと蒔かなくちゃいけないところをあえて凹凸感をつけてみたり、私の頭の中にはいつもきちっとしてあげる他に凹凸、立体感といいますかねそういうのちょっと出してみたいなという思いは前からんですね」

凍てついた黒い岩の上に降り重なった雪。

日が差し込み何とも言えない光を放ちます。

新たな技法を取り入れるのは今回に始まったことではありません。

毎回新しい技法考え、試行錯誤を繰り返してきました。

「もう欲しいなと思うのは

その新しいことをやるときですね

ごちそうさんご自身が

心弱ったらどうなるんだろう

新しいもの見てみたい

好奇心とわくわくされてるんですね

それなら

作ってる人って

とても大切なことだと思うんですね

可能性ですよねえ

こうやってやると

もうちょっと面白くなるかなとか

こうやって会った時に見た形は

どうやって作ったここなって

ちょっと小首をかしげて

見てていただくことができるかなとか

ちょっとなんかこの先に神秘性

的なことできるのかなーとか

いろんなこと少し考えましたね

伝統の技と

遊び心が一つになって生まれた漆芸作品です

にせんごひゃく年以上もの間

土に埋もれていた杉の木

神代杉と呼ばれる

貴重な木をふんだんに使った木箱です

側面に施された木象嵌

神代杉をひし形に型取り

これもまた貴重な古木

黒柿の縁取りと共にはめ込んであります

木目によって変化する光の反射角度により

異なる色味が楽しめます

木材をろくろで回転させ

歯を当てることで削り出す引き物

玉井智昭は着物ならではの

形の美しさを魅せることにこだわりました

あえて木目の存在感を

消す縦木取りという方法で

けやきを切り出しています

蓋を開けると

中は鮮やか金砂子のきらめきが

見るものに驚きを与えます

直径にじゅーきゅーCMの存在感

あるキリコ作品に層になった透明なガラスと

青色のガラス切り込みの深さを

徐々に変えることで

グラデーションが生まれます縦横

斜めの線を均等に入れることで

せんはっぴゃく以上の菊の模様が

つけられました

一か月半これだけに専念して作られた作品

誕生の背景には

新型コロナウイルスの感染拡大がありました

自粛期間中ですとか

特に職人の仕事は展示会もそうですけど

仕事の量が減ってしまったり

ですとか言う事の影響は大きかったですね

コロナで仕事のペースも変わってしまったって

いうのもあるんですけど

今年は時間もあったので

じっくりと大きなものに

挑戦することができました

どうしても時間が空いてしまう

その前に村ができたりとかがしやすいので

時間がある

中で均一に塩を入れることができ

たっていうことに繋がってるんじゃないかな

と思いますもし上がった時は

あのいいのができたら

という率直には思いましたね

今ちょっと変則かなりありますけど

そういうこと忘れて単純にいいな

綺麗なという風に見てもらえる

数時間を守って

もらえるといいかなと思います

最年少受賞者さんじゅーさん歳の利用

幸一による銀行作品

一枚の板から叩き出す

鍛金という技法で作られました

深みのある独特な灰色

硬くて扱いに良いとされる

四分一という素材で作られています

四分一永久堂の中に

銀が1/4含まれている

合金あえて加工の難しい素材と向き合ったのも

あの理由からでした

2月3月予定した展示が

今回のコロナウイルスの感染の拡大

ということで

世界中展覧会ですとか

小田頂いたものが少し止まってしまった

という事実がありまして

すごく目の前が

真っ暗になるような気分ではあっ

たんですがそこからます

これはちょうど新しい

チャレンジをする機会を頂いたんだ

というふうに思うようにして

やはりこのほうしぶ一という素材は

すればチャレンジしたいな

という風に

ずっと憧れをもってお煮しめていた

今回の作品に関しては

内側と外側が叩くことで同時に

成形されていくっていうのが

この監禁の秘宝的な特性だという

風に感じているので

突然とお年賀両方に同時に現れるという

その造形の妙を見ていただければと思います

新型コロナウイルスの影響によって

今回は展覧会の開催自体が

一時危ぶまれたと言います審査委員会の

副委員長を務めた

室瀬和美さんを訪ねました

歴史がある伝統工芸たいのですけれども

今年はかなり新型コロナの影響も受けたと

そうですね相当をやって

作ってる時の作り手は

そこで悩んだと思うんですね

やはり皆さんこういう時期に

こんなもの作って行っていいのかっていう

そういう思いもたくさんあったと思うんです

ただやはり積み重ねて積み重ねて毎年勉強しながら

今年はこういう新しいものを作っていこう

今年はこういうものを見てもらおう

そういう積み重ねの中で

やはりいち年でも

私たちがそういう場を奪ってしまうと

やはりその作り手にとっては

やはりこう心が折れてしまう

私たちはを作らなきゃいけないし

提供しなきゃいけないし

こういう節目の大変な時期にもやはりこれだけ

あの日に対するアプローチをして

それが人のあの重い心を和ませたんだと

年になるんじゃないかなって

逆に思いますね大阪市内で創作活動

を行う切金市の中村敬北さんと

夫で物資の向吉悠睦山渓谷さんは

感染が拡大する中

作品を作り続けても良いのか

悩んだと言います

そんなとき夫の遊牧さんが

川辺の散歩に誘ってくれました

見慣れた風景なんて読むか

私たちが出られなかったり

色々したでも同じように自然

はあって同じように川の流れがあって

風が吹いてのあたり

朝はとても大切なものでありがたいなと思いつつ

あのこれを書きたいなっていうことになって

そして生まれた今回の作品

ゆったりとした川の流れがモチーフです

タイトルはとうとうと

極細の金箔の宣伝模様を描き出す高度な

技術を要する切金という技法で

工房にはシリカなしならではの品々が

そう打つそうですあの切金私がやったものです

切金は仏像や仏画を飾るために生まれた技術

飾ることで私たちと仏の世界を繋ぎます。

普段は夫の彫った仏像に切り替えを施しています。

これはあの主人と初めての共同制作した仏像です。主人が彫刻をして、私が切金をした作品になります。そうです切金っていうものはお堂の中が真っ暗な状態でも

音をみを一本で全体が輝いてくれるそういった技法です。

作業を施すことで様としての威厳と本当に美しい姿として時代を残っていくわけですので仏教美術の枠を超え工芸の一つの分野として受け継がれてきた

技竹の刀を使い金箔を0.1ミリ単位の細さで均等な幅に切断していきます。

ライブ集中します

今ご覧頂いたのに

全て目分量できているので

あのたまに目がぼやけたちょっと太くなっ

たりとかしますけれども

太さを変えた金箔を並べてもらいました

音に乗って

細い北の金箔の方が明らかに太いとのこと

ちぎれやすい金箔は

筆を使って操り

のり付けした筆先の繊細な動きで

模様を作り上げていきます

ま金箔ですから

光多いかなり意識してますので

それを強く

していこうとすると集めることですね

それと対照的になるだけ

空間をうまく利用して密度を変えるって事で

マヨの動きとか強さとか

そういったものを表現します

今回のはあの派手さはないですけど

あの何でしょう自然の表現として

ずっと流れているの漢字ってのちょっと意識

しましたので

totoと静かに流れる川のきらめき

いつもとは違う

年だからこそ生まれた珠玉の逸品です

有田焼の窯元に代中尾淳による白人の勝ちです

柔らかさと鋭さが共存する独特の形は

ろくろを引いた後

道具を使わず手で形を整えたもので

仕事ならではの歪みが

どこか温かい印象を与えます

直径ごじゅーよんCMの青の大皿に

じゅー台の旅で目にした

地中海の海と空木村祥朗は以来

よんじゅー年余り

青の世界を追求してきました

深海から湧き上がりさざ波を立てながら

どこまでも広がる水

その溢れんばかりの青受け止めるのは

熟練の技が

際立つ内向きの口作りです

凛として佇む青の世界です

中田宏さんは九谷焼の窯元の三代目

高校卒業後大阪京都で陶芸を学び

この道20年になります

受賞作は柔らかな白磁の壺

釉薬を重ねることで生まれた繊細な模様が

真珠のような光を放ちます

螺旋状に上昇して行く優美

な線その先に開いた小さな口作りモチーフは

外出自粛が続く中で

毎日観察していた大山蓮華の花です

つぼみが初めて着いたって

いうのもありましたし

外で美しいものを見るとか

そういうことが全くなかったので

あのこれがつぼみを持ったっていうのは

自分の中ではすごくご

希望が持てると言うかつぼみに見た希望

中田さんはその生命力を

このツボに託しました

今回のこの口作り割と力強いと言うか

特徴的な口作れなんですけど

つぼみが開花する

開くときのこの何とも言えない子を希望

館と言うか

開きかけが一番綺麗なんですよね

そこにその生命

の力強さと言うか

そういうものをすごく感じるので

その気持ちと言うか

それがそのままこの口作りになった

ということで

白い色で表現した庭の片隅の命の輝き

鮮やかな色が定番の九谷焼に会って

いたんとも思える白磁の器

中田さんの器は

緑測ってもらうんですよ実は

中田さんは当初から

白磁だけにこだわって制作を続けてきました

そこには独自の哲学がありますので

本来こうあるべき場所っていうのは

この生活の空間の中であったり

そういう花ので使って欲しいと思う

思考作品が作品としてこう単独で見える力と

その空間の中で熊谷蹴ら

れて見られることっていうのは

ずいぶんものとしてのなんていうか

立ち位置も違うし

あるべき姿の一つだと思うので

使われてこそ花開く美しさ

ハードルを裏付けして

伝統工芸って高いわけじゃないんです

よってもう本当に芸術の最高の日から

日常の器までやっぱりこうを

生活を豊かにしていく

幅が広いのが工芸なんで

こんなものを家に置いといたらもっとこう

家庭生活が豊かになるんじゃないかなとか

私がお金もしたらこれ買いたいですか

そういうもし一つくれる

つったら何をもらおうかとか

そういう思いで見ると

やっぱり自分の好みに

合わせた作品が見えてきて

そういう見方をしていただくと

すごく楽しい味方だと言うと思います

深い森林の様子を象嵌でデザインした書き

キキの重なりや奥行きを表現するため

重ね象嵌という技法が使われています

複数の金属の凹凸が

ピタリとはまらなければ外れてしまう高度な

技術重厚感を残しながらも

すっきりとした姿に仕上がりました

人形蜘蛛唯一の受賞作とき

慌ただしく過ぎていくこの一年

こんな時こそ穏やかな心で

前向きに時を過ごしてほしいと付けられました

甥っ子松崎ドールはありますね

今日はうんちをします

電話してあのと申します初めまして

雅子と申しました

ありがとうございますではよろしくお願いいたします

松崎幸一光さんは代々五月人形などを制作する

人形師の三代目は

そこでこっちで仕事してるんですけども

はいはいすいません

作業中によろしくお願いします様と

差し向かいですね

今年でろくじゅーなな歳を迎える

松崎さんここで

よんじゅー年以上職人を束ねてきました

松崎さんが作家として活動するのは

自宅に設けた小さな工房

仕事以外の時間は

ここに一人こもっているといいます

土日は朝から雪ですね

朝からほとんど休みの日も

仕事してるじゃないですか

さあ休みだ今日は仕事できず

松崎さんの人形作りは

粘土で原型を作るところから始まります

最初にでもやっぱ考えるな顔なんですか

挑戦顔どんな表情にするか

はいあとはどういう意思を持った

顔にするかっていうの考えますね

いいですか人形だけど

最初に石って言葉が出てきたから

人形ってよりは人って

ですかね本当にこう

生き物な感じがしましたね

素材の違うそれを表現するのが

ハイ人形だと思うか思ってるので

原型ができたらいよいよ機を掘ります

こだわりは木材の選び方

胴体に使われているのは桐の木です。

そこに白いごふんを施し柔らかな表情をつくります。

しかし手足と頭には別の素材を使うのだとか

これがそれがきりざきれいなんです

はいはいちょっと待っていいですか。

これはそんなに軽いですね。

桐原会ので仕事はすごく早くできます。

ただその細かい先生なし表現が難しい

折れてしまったりする柔らかすぎてこれが本当全然この機能をても

違いますね集まってるなって感じただけなので

オークションには向いてるんですね。

素直なかつては伝統の手法に従いきりだけで制作していた松崎さん。

素材から見直し、より繊細な表現を追求しています。

いよいよ顔に表情を持たせて行きます。

ヤスリは一切使いません。

あえて彫刻刀の跡を残し味わいを出す草スギナのがこの顔

表情自体は本当に限られた線でしかできてないけど

少年のなんかか表情が向上さそうな

あの顔していたですね

でも見てるこちらもすごいこう

やすらぎはあるよとか

そういうスタンスで

これからやっぱりものは

作って行くつもりでい

ますしねではそろそろ帰るかもしれませんが

あの大きな何て言うんですかね

人の気持ちとか

時代とか色々あるじゃないですかはい

そういうものが

先にはいできればいいかなーって思っても死ね

はい前向きな心で柔らかく静かな時を刻む

今大切にしたい松崎さんの思いです

型紙を使って藍染をする

長板中型という技法で作られた麻の反物

特徴は表と裏の両面に寸分違わながら遅め

愛の色がはっきりと浮かびます

縦に走る釜ノ島

そこに交わる萩野枝葉透き通る浅茅と相まって

涼やかです毛虫のようにも見えますが

実は米粒よりも小さな文様の江戸

小紋直線と曲線

外見異なる表紙の連続が斜めに走り、爽快で夏の単衣にふさわしい粋な逸品。

今年の染色部門で特に高い評価を受けた久留米絣

着物工房染め分けた経糸緯糸の交わりから文様を生み出す飛白深い愛の奥から光が放たれほど走っています

松枝哲哉は光をテーマに伝統の技を磨き続けてきました。

福岡県久留米市田主丸町

ここに松枝哲哉さんの工房はあります。

哲也さんは150年続く織屋の五代目。

新しい久留米絣の姿を模索してきました。

しかし今年7月食道がんのため他界。

受賞の知らせを聞くことはできませんでした。

妻の小夜子さん。

哲也さんとともに作家として伝統の技を守り続けてきました。

えーとの縦と横を組み合わせて

使ったところが白くなりますね

てことは縦の糸横の思いを

この形に合わせて

そこに入ってんの

光を見いだすっていうような赤という思いが

ずっとあの写真の中にはあのあったん

だと思います。

病気でとてもはどうきつい時でも、こんな柄を作ろうかと思うとか、そういう話をする時は出来上がるケーキとしてましたか

作ることが本当に好きなんですね。

命を削って作るのではなくて命いっぱいに作ってるので

命いっぱい作ってましたね

伝統の担い手として精一杯に生きた哲也さんが残した最後の作品です。

そのバトンは一人息子の手に。

長男のたかひろさん。25歳。

小さな頃から染谷

降りの技を教わってきましたが

この春までは会社勤め

後を継ごうと戻ってきた息子にてつやさんは

入院先から指導を続けたというなかなか

直接会えないところもありましたけれども、まあ基本的にはビデオ通話で良質からですね

私あの子と指導しててくれた

それもこのぐらいであげるとかですね

このぐらいそれは回しすぎだとか

絞りすぎだとかって言うの

画面を見ながら指導してくれたら

背中として大きいですよ

ねでも大きい存在で

すぐには絶対に追いつけない

でも必ずいつか追いつかなきゃいけない

なんて言う目標を取るかですね

FFに思ってます

激動の年に格闘した作家たち

自分に何が出来るのか

今をどう生きるのか

問いの向こうに生まれた美しさです

 

取材先など

 

放送記録

av98ingram.wpblog.jp

 

 

書籍

 

芸術新潮 2020年 01月号 東京のミュージアム100

芸術新潮 2020年 01月号 東京のミュージアム100

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2019/12/25
  • メディア: 雑誌
 

 

展覧会

 

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。