チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

「月岡芳年 血と妖艶」【アートシーン】

f:id:tanazashi:20200930212105p:plain

 

 

月岡芳年 血と妖艶

 

f:id:tanazashi:20200930212017p:plain

江戸吉原の遊郭に押し入った男。

f:id:tanazashi:20200930212036p:plain

血まみれの刀を手に追い詰めたのは自分に愛想を尽かしをした遊女。
歌舞伎にもなった吉原百人斬りと呼ばれる事件を題材にした月岡芳年の物語絵です。

f:id:tanazashi:20200930212052p:plain



緊迫感の中に艶かしさが漂う傑作です。
幕末から明治にかけて活躍した浮世絵師、月岡芳年の展覧会が開かれています。

f:id:tanazashi:20200930212122p:plain

芳年出世作となったのが兄弟子と共作した《英名二十八衆句》。
盗賊の男の手にはたった今ひとを斬り殺した刀が。

f:id:tanazashi:20200930212153p:plain



歌舞伎や講談の残酷な修羅場を描いた血みどろ絵。
幕府とその葉が争う血腥い幕末の世相を背景に人気を博していました。

f:id:tanazashi:20200930212005p:plain



殺した男の顔の皮を剥ぎ取る四谷怪談の一場面。
思わず目を覆いたくなるほどの惨劇です。
ダイナミックな構図と緻密な描写で芳年は大衆の心をつかみました。

f:id:tanazashi:20200930211955p:plain



「浮世絵というものが、当時の歌舞伎ですとか講談の流行というものを捉えると同時に人々が見たい絵や欲しい絵という時代のニーズを芳年は汲み取って、血みどろ絵や無残絵と呼ばれるで残酷な表現というものを、誇張するような形で表現をしています。

f:id:tanazashi:20200930211940p:plain

ですからこの芳年の時代を切り取る目と言いますが時代のニーズを掴み取るそういったところからこういう表現が出てきたんじゃないかなと思いますね」

f:id:tanazashi:20200930211916p:plain



銃撃を胸に受けよろける武将。
幕末の上の戦争で敗れ、彰義隊の姿をモチーフに描いたと言われています。
時代が大きく変わる中、芳年は現実の出来事を題材にしながらそれまでの浮世絵には無かった写実性を追求していきます。

f:id:tanazashi:20200930211903p:plain



美人画の連作《風俗三十二相》
江戸後期から明治まで様々な女性の姿を感情豊かに描いています。
鹿鳴館時代の貴婦人。
繊細に書いた黒い瞳と口元が快活な印象を与えます。

f:id:tanazashi:20200930211851p:plain



背中にお灸を据えその熱さに耐える夫人。
洗練された線描と大胆な画面構成は芳年の真骨頂です。

f:id:tanazashi:20200930211801p:plain

芳年は晩年、血みどろ絵の発展型とも言える絵を残しています。

f:id:tanazashi:20200930211721p:plain天井から吊るされた妊婦の腹を切り裂く音包丁。

f:id:tanazashi:20200930211749p:plain

芳年は一滴の血も描くことなく、見るものに狂気に満ちた惨劇を予感させています。

f:id:tanazashi:20200930211709p:plain



東京原宿の太田記念美術館で10月4日までです。

 

会場:太田記念美術館

会期:2020年8月1日~10月4日

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。