チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

「生けるガラス-中川幸夫の花器」【アートシーン】

f:id:tanazashi:20201025215011p:plain

 

 

生けるガラス-中川幸夫の花器

f:id:tanazashi:20201025214953p:plain

ガラスの器に詰め込まれているのはカーネーションの花弁。

f:id:tanazashi:20201025214928p:plain

血のように真っ赤な汁が流れ出ています。

f:id:tanazashi:20201025214919p:plainいけばな作家中川幸夫の代表作《花ぼうず》

ガラスの器も中川自身が手掛けました。
中川が制作したガラスの器に注目する展覧会が開かれています。

f:id:tanazashi:20201025214907p:plain

中川は1918年生まれ。
既存の華道流派にとらわれず、前衛作家として独自の表現を追求しました。

f:id:tanazashi:20201025214858p:plain

50歳頃あるガラス工房との出会いをきっかけに、彼らの力を借りながら、花のための器を制作するようになります。

f:id:tanazashi:20201025214841p:plain

中川のガラスは単なる器ではありません。

f:id:tanazashi:20201025214832p:plain

花と一体化しそれ自体が作品となります。

f:id:tanazashi:20201025214821p:plain

炎の中でまるで花が開くように姿を変えるガラス。

f:id:tanazashi:20201025214813p:plain

中川はガラスに生々しい生命感を感じていました。

f:id:tanazashi:20201025214802p:plain

七尾市の石川県能登島ガラス美術館で12月13日まで。

 

会場:石川県能登島ガラス美術館

会期:2020年9月5日~12月13日

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。