チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

「KING&QUEEN展 ―名画で読み解く 英国王室物語―」【アートシーン】

f:id:tanazashi:20201114205430p:plain

 

 

KING&QUEEN展 ―名画で読み解く 英国王室物語―

15世紀から現在までイギリス王室の歴史をおよそ90点のポートレートでたどる展覧会です。

f:id:tanazashi:20201114205417p:plain

シェイクスピア劇にも登場する16世紀の王、ヘンリー八世。
ルネサンスの教養人にして専制君主

f:id:tanazashi:20201114205408p:plain

男子の後継者欲しさに離婚と結婚を繰り返し宗教制度すら変えました。
この肖像画そんな王の複雑な内面を捉えています。

f:id:tanazashi:20201114205359p:plain

ほっそりとした首にBのイニシャルが入った首飾り。
アン・ブーリンはヘンリー八世の二番目の妻。

f:id:tanazashi:20201114205350p:plain

しかし男子を授かることなく姦通の罪を着せられて首をはねられました。

f:id:tanazashi:20201114205336p:plain

アンブーリンとヘンリー八世から生まれたのがエリザベス一世
豪華な真珠のネックレスを身にまとっています。
母が処刑され、王女の称号を剥奪されたエリザベス。

f:id:tanazashi:20201114205326p:plain

この絵で自らの王位の正当性をアピールしたと言われます。

f:id:tanazashi:20201114205315p:plain



「華やかな存在として自らを見せるということが、それ自体が意味があった。肖像を制作するという風なことは顔がよく似てると以上にむしろ王室がどのような国王女王のイメージを見せたいのかという風なことが反映されてるという点が興味深いです」

f:id:tanazashi:20201114205305p:plain

王室の意図とは裏腹に18世紀には国王をからかう風刺版画が流行りました。

f:id:tanazashi:20201114205257p:plain



食卓のジョージ4世。

f:id:tanazashi:20201114205247p:plain



お腹が膨らんでボタンも止まらないほど。

f:id:tanazashi:20201114205239p:plain

頭の上には暴飲暴食を改め禁欲生活を送った人物の肖像が皮肉たっぷりに描かれています。

f:id:tanazashi:20201114205228p:plain

その20年ほど後、同じジョージ4世を描いた作品。
ダイエットに成功したのではありません。

f:id:tanazashi:20201114205219p:plain

どんな人物も優雅で高貴に。
王室画家の腕にかかればこの通り。
この現在の王室の肖像も展示されています。

f:id:tanazashi:20201114205209p:plain

1953年にエリザベス二世が戴冠した時の写真。
絵画と写真の違いはありますが伝統と権威を印象づけるイギリス王室の肖像画の伝統が生き続けています。

f:id:tanazashi:20201114205158p:plain

東京の上野の森美術館で来年の1月11日まで。

 

 

会場:上野の森美術館

会期:2020年10月10日~2021年1月11日

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。