チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

「舞妓モダン」【アートシーン】

f:id:tanazashi:20201114201810p:plain

 

 

舞妓モダン

 

f:id:tanazashi:20201114201756p:plain

明治時代。
京都の舞妓といえばいわばアイドル。
ブロマイドが販売されるほどの人気でした。
多くの画家たちも、競って舞子をモデルとしました。

f:id:tanazashi:20201114201735p:plain

舞子といえば黒田清輝
明治26年
フランス留学から帰国した黒田は、舞子の美しさに惹かれました。

f:id:tanazashi:20201114201723p:plain

京都鴨川をバックにその初々しい姿を見事に捉えています。

f:id:tanazashi:20201114201711p:plain

祇園で大人気の芸妓・加代を田村宗立は独特の視点で表現しています。
加代は木戸孝允伊藤博文と言った元勲たちを虜にしました。

f:id:tanazashi:20201114201701p:plain

若葉の下でカメラを覗き込む舞子。
北野恒富の作品です。

f:id:tanazashi:20201114201651p:plain

緑の絞りの着物。
かんざしの翡翠の緑。
そして若葉の緑。
初夏の清々しさが伝わってきます。

f:id:tanazashi:20201114201642p:plain

下村良之介の舞子は何と、手にたこ焼き。

f:id:tanazashi:20201114201633p:plain

下村は舞子を題材に日本画の新たな表現を追求しました。

f:id:tanazashi:20201114201621p:plain

この展覧会は京都文化博物館で今月29日まで。



 

 

会場:京都文化博物館

会期:2020年10月6日~2022年11月29日

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。