チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

新美の巨人たち 金沢21世紀美術館

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/t/tanazashi/20200405/20200405152158.jpg



 

 

スイミング・プール」を始め体感できる作品が人気の『金沢21世紀美術館』は、現代アートの美術館でありながら、2015年には美術館集客ランキングで全国第1位に!2004年の開館以来、驚異的な集客を誇ります。さらに今年、その存在に刺激され金沢の街を現代アートで盛り上げようとする動きも。一体この美術館の何が人々を惹きつけるのか?今回は寺島しのぶさんが、作品を巡りながら『金沢21世紀美術館』成功の秘密をひも解きます。

 

日経おとなのOFF 2020年 絶対に見逃せない美術展(日経トレンディ2020年1月号増刊)
 

美の巨人たち 金沢21世紀美術館

放送:2020年11月14日

 

そこは奇跡の美術館と呼ばれます。

場所は歴史ある加賀百万石の城下町。

扱うのは、時に難解に思われがちな現代アート

そこに全国から客が押し寄せる美術館。

入場者ランキングで日本一に輝いたこともあります。

ご存知金沢21世紀美術館

チケットに並ぶ長い行列。

以前の映像ではありません。

今年10月の様子です。

いったいこの美術館の何が人々を惹きつけるのでしょうか。

 

 

その答を探りに行ってきたのは俳優の寺島しのぶさんです。

「今本当に暗い気持ちになっちゃってる人って多いと思うんですよ。だけど何かよりどころになると思うし何かアートって寄り添ってくれると思うんですよね。お客さんにとってもですね、別潰すに触れることが出していかに切実なのかというのが今回のお客にコロナによって再発見されたのではないかなっていうのもの

人々がここに来るのは心を掴むがあるから心地になるわ

どんな作品が待っているのでしょう

そして今年街を現代アートで盛り上げようとする新しいアクションも始まっていました

2020年現代アートで輝く金沢を訪ねます。

 

 

北陸屈指の観光名所兼六園

その隣にあるという立地の良さも21世紀美術館の特徴のひとつです。

「5年ぶりぐらいかな」

寺島さんは2007年にフランス人のアートディレクターと結婚。

ご家族一緒に現代アートも見に行くようになったと言います。

「現在アートっていろんな分野があるし、ジャンルも広いし、何これっていうものもたくさんあるし色々考える枠があっていいですよね」

ガラス貼りの館内に美術館の人気を支える作品達が待っています

これがまずはこの美術館の顔とも言うべき作品のインパク

強いよねご存知の方も多いことでしょう

レアンドロ・エルリッヒ作《スイミングプール》

ガラスの板の上に十センチほど水が張ってあるだけプールの中には入ることができて

中から外が外からは中を見られる不思議な状況が作り出されます。

「いいね。やっぱり見るだけじゃなくて体験するっていうことが童心に帰るなこれ

本当に作者はアルゼンチン生まれのレアンドロ・エルリッヒ。

観客は役者になったような気持ちになるでしょう

中に人がいて初めて作品として成り立つようになっています

プールのようでいてプールじゃない

プールの中と外で自然に発生するコミュニケーションが作品のテーマ。

体験する人がいて初めて作品として完結する

単純に見えますか緻密に計算された建築型の彫刻作品なのです。

体験して楽しむ常設展示にはこんな作品も

 

 

パプアの部屋アニッシュカプーア宅日本語訳にすると

世界の起源傾斜したコンクリートの壁面に

巨大な黒い楕円が見えます

実は穴が開いているのですが

じっと見つめている

と色々な見え方がして来るそうです

を建てる時は楕円なんだけど

座るとまん丸に見えて

頭がボワって

浮き上がってくるような錯覚になっても

回目つぶってまた子パンツかけると

本田あそこん中に入りたくなった

なんかブラックホールみたいなものが行き着く

先に光が飛ぶ消失し

てしまうのですが

分からない時は

結構視覚的な仕組みを利用しているんですね

シンプルな形でありながら

見るものに近く

のいさぶりを仕掛けてくる作品です

さてガラス貼りのモダンな美術館の中に

突然自然界のものが現れ

これを緑の橋という作品

植物学者でもあるフランス人

の作家が作りました

14センチほどの幅の壁の両面に100種類近くの植物が植わっています

フェルトを貼ってそこをちょっと切ってポケットにしてある

そこに植物をポンと入れて上から点滴のように水と栄養素を定期的に落として

早じゅーご年枯れることなく快感と同時に作られ今も成長を続けています

本来なら草木は地面の土に生えるもの

それを壁面で実現する少し不思議な垂直庭園がコンセプトの作品なのです

何回も何回もくる家にこういうことなのかっていう

気づきがあったりするかもしれないし

面白いわ21世紀美術館を訪れると

遊具のような作品たちが迎えてくれます

この親しみやすさが大きな魅力館内に入ると

建物と一体化した常設作品が

空間まるごと楽しませてくれる

この画期的な展示方法は

どうやって生み出されたのでしょうか

元々ここは学校があった場所

移転後の跡地に金沢市が計画したのが現代アートの美術館です

96年準備事務局が発足。

3年後建物の設計者が決まりました。

妹島和世西沢立衛による世界的建築家ユニットsanaa

ガラス貼りの丸い形で街に開かれた公園のような美術館というコンセプトがこの時決まります

2000年に作品の収集開始

一般的に県立や私立といった公立の美術館は、先に箱を作ってそれから展示作品を集める道をたどります

しかしこの美術館はそんな従来の方法を取りませんでした

何が違ったのでしょうか

美術館立ち上げメンバーの一人黒澤真さんに伺いました

「みかんの最初の図面を作り始める時点で将来運営に携わるマークは私たちのような人間をもう休んでた平野設計者と一緒になって建物自体を作っていくというそれはすごく珍しい公立ですかも作られ方だったと思いますが

9月に建物から作って新しいチームが誕生しそこから革新的なアイデアが出てきました

今我々の方からですね

アーティストにこの建物に向けて先ほど新しく作れないだろうか

相談するやり方で新しい作品

もう入れていくって

風呂コミッションワークという風に呼んでますけど

これらの常設作品はコミッションワークアーティストに依頼して

建物と一緒に作り上げたここにしかない

作品なのですねこれこみね作ってんでしょ

特にスイミングプールを入れようというアイデアは設計がほぼ完成した後に学芸員が出したものでした

今更こんなこと言われてももう間に合わないよ

それでも準備チームは建設に関わる人間達を説得し続けます

何この作品面白いですから当時のその根強い反対意見みたいなことがあったから

逆に出会いでも

どうにか成功させる必要があるんだ

ということで

伝統ある街にそぐわない

現代アートには客が入らない

どうせ失敗に終わる実は会館までの間

21世紀美術館は反対

意見は浴び続けていました

だからこそ何が何でも成功させたい。

その思いが通じ関係者等による最大限の努力の結果南條したのがこのプールだったのです。

そして2004年10月開館。

現代アートと一番縁遠いと思われる

子供達をターゲットにしない

全ての小中学生を招きました

子供で賑やかな美術館のイメージが

全国で神東公園の

ように気軽に立ち寄れる

コンセプトは当たり

想定を遥かに上回る

来場者が訪れることになったので

スイミングプールの作者レアンドロエルリッヒの言葉です

このようなインスタレーション作品を常設作品に組み込む

という美術館の決断がどれだ大きかったか

このプロジェクトを指示してくれた全ての

人々の熱意と先見の明の証です

これらの常設作品には

今までにない

美術館を作ろうとした者たちの情熱まで

宿っているというわけです

寒いそこまでは

いわば入門編大勢の客を集めることが

この美術館の目的では決してありません

ではその目的とするところは一体何なの

でしょうか恍惚になるは

何で向こうにも続いてる感じがする

楽しいなんだろう

これ21世紀美術館の収蔵作品からなる

コレクション展その目玉の作品です

スドホの怪談赤く

透明なナイロン製の布で作られています

だからニューヨークで暮らしていた頃しかのアトリエ大谷の部屋がこんな

階段で繋がっていました

これは折りたたんで持ち運べるようにした下積み時代の思い出の風景だ

それぐらいこうよくわからないとよくわからなくてもいいんだって言って

トンチンカンなこと言っても

別にそれはいいんだって思えてくる

日本人って子猫色々来い言っちゃえ違ってたら恥ずかしいみたいなのってすごくあるんだけど恥ずかしいことはひとつもなくてその人間一人一人の感じ方だからそうあとの見方は分かる分からないではないので自分がどう感じるか

21世紀ビジュ書道するのは

全てがスイミングプールの表にとっつきやすい作品というわけではありませ

開催中の企画展に足を運ぶと

これは何を言えばいいのかな現代アートに親しんできた寺島さんもさて

美術館にはどんな狙いがあるのでしょうか

 

 

金沢21世紀美術館の人気の秘密を探りに

続いて企画展

巨大な作品が待ち受けていました

マークマンダース作四つの黄色い縦のコンポジション

左目のあたりに黄色い板が刺さった人物彫刻

どう見るかは鑑賞者に委ねられています

それがすごく小諸異様な感じにも違うと言った

そういう子を

観る側の自分の興信所に照らし合わせて

ここで起きているものの

意味合いが立ち上がってくるというのがマークマンダースの作品ご深みのあるところですね

ハッピーな感じではないけどでもなんか人って何か痛みを背負ってるよ

生きてるよねっていう感じがする

オランダ生まれのマークマンダース

どこかが結婚したり板を挟んだような顔の彫刻を数多く作っています

何一つ完全なものがないこの企画て実はもう一人の作家との二人展です

いやーちょっとこれも何とも言い難いよね

さっきの続きじゃないけど痛い痛い

感じがしますけど

作者はベルギー生まれのミハエルボレマンス

やはりどこか欠損を抱えたような

不穏な空気感の絵画を描きます

ともに国際的に活躍するアーティスト

この二人を組み合わせての美術館での展覧会

実はここが世界で初めての開催となります

2月を持つ絵画と彫刻その

響きあいを味わう美術館としては

なかなか攻めた企画展なのです

色々な方達が楽しんでくださるように

入り口からどんどん中心部に行くに従って

ディープな感じになって

万人に受けるものだけではなくて

ちょっと課題を与えてくださるような

だからやっぱり来ないんでしょうねお客

さんがこの美術館の目的は

世界のいまと共に生きること

ここにあるのは

文字通り21世紀という時代のアート

そんな理念のもとに集められた作品の数々が

美術館の人気を支えている

というわけなので牧場楽しみ

この美術館の存在に刺激され

あるアクションが町のそれはいったい

よろこびがつなぐ世界へ

キリンガレージライフを楽しもう

オールフォーロングライフヘーベルハウス

 

 

2020年6月。

アーカム金沢21世紀美術館から歩いてすぐのところに

ハム金沢という小さな美術館がオープンしました

建物の一階に目玉となる作品があります

何何何面白いね

実はこれ、金沢21世紀美術館のスイミングプールを手がけたレアンドロ・エルリッヒの新作です

インフィニティステアケース

これからなんだろうって感じだもんね

ビギナーズ行きまーす

横倒しに設置された階段の両脇に鏡があって、螺旋階段を上から見たような風景が広がります

階段のようでいて階段じゃないこの作品を見に多くのお客さんが

21世紀美術館からも足を伸ばしているといいます

環境はアートコレクターの林田健太郎さん

さんじゅーさん

変わったコンセプトでここを立ち上げました

他にもスペースがあるのでちょっと歩いてごふん

デパートの屋上へガリバー旅行記沖縄汁ですね

今日はこの日は作者の久保さんが作品の設置の真っ最中でした

金属製の骨組みに農業用のネットを張って巨大な彫刻作品泥足カムは

歩いて街を回ってもらう美術館

何で足ってのはそこを象徴的なピースになってくるので

これは絶対ここに怒っていう林田さんは

こうした展示

スペースを待ち

中にいくつも点在させる計画を立てています

金沢はすごくはんこが多い方なんですけど

そこが町の中心なのに

心当たりの証券会社の全部

どんどんお客さんいなくなって

潰れてきてってば

そんな商店街の一角には

光と音によるインスタレーション作品を

常設スペース

も設けました

本館のチケットで

これら全てが見られる仕組みです

21世紀美術館の活気を街の中まで

アートの力で人を動かす挑戦は

始まったばかりです

自分の目で自分の心で感じるっていうことで

感情を動かしていくっていうことが

生きていくってことにつながるってが

大げさだ

けどね何かよりどころになると思うし

何か取って寄り添ってくれると思うよね

作品と対峙して作家の狙いを考えてみても

簡単には言葉にできないものも多くあります

わからないそれでいいんです

心の中に小さな違和感が引っかかったなら

その余韻が大事日常生活では体験できない近くの揺さぶりをあなたも感じてみませんか。

 

 

***************

 

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。