チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

「ベルナール・ビュフェ回顧展 私が生きた時代」【アートシーン】

f:id:tanazashi:20201223213611p:plain

 

 

ベルナール・ビュフェ回顧展 私が生きた時代

f:id:tanazashi:20201223213524p:plain

黒く尖った線が特徴的な画家のサイン。

f:id:tanazashi:20201223213536p:plain


その作品も鋭利な線で構成されています。f:id:tanazashi:20201223213548p:plain

描いたのはベルナール・ビュフェ

20世紀を駆け抜けたフランスの画家ベルナールビュビュフェの展覧会が開かれています。

f:id:tanazashi:20201223213513p:plain



戦後間もなく20歳前後に描かれた処刑後のキリスト像

画面にはスーツやコートを身につけた人たち。

現代の出来事として捉えたモチーフとなっています。

十字架から降ろされ運ばれるのはキリストなのでしょうか。

力を失った姿を捉えた線。

その傍らに佇むのはビュッフェ本人と母と思われる姿。

ビュフェは2年ほど前に母を亡くし、絶望に打ちひしがれていたのです。

f:id:tanazashi:20201223213504p:plain



「自分自身の人生の辛さ。それと第二次世界大戦があって、終わってもまだ世の中はすさんでいるわけですよねこの時代。48年位。まだその名残が残ってるかなというところで、それでも全部この絵の中に入れ込められていると思いますね」

f:id:tanazashi:20201223213454p:plain



内省的な作品を描いてきたビュフェに大きな転機が訪れたのは30歳の時。

ある女性との出会いでした。

女性の名はアナベル

人気モデルで妻となった女性です。

ビュフェは黒い線を強調したメリハリのある人物像に仕上げました。

f:id:tanazashi:20201223213445p:plain



黒く大きな瞳がアナベルの強さを示しているようです。

f:id:tanazashi:20201223213433p:plain



自らピエロに扮したビュフェ。

繰り返し描いたモチーフです。

その目は真っ直ぐに前を見つめます。

ビュフェの強い意志を感じさせます。

f:id:tanazashi:20201223213425p:plain



晩年を代表するシリーズの一つがドンキホーテの物語です。

これは洞穴の探検に向かおうとする一場面。

体に縄をくくりつけ入ろうとした時。

穴から突然鳥たちが飛び出してきたのです。

誇張された劇画的手法で自らの人生を重ね合わせているのかもしれません。

f:id:tanazashi:20201223213414p:plain



東京渋谷区のbunkamuraミュージアムで来年1月24日まで。

 

会場:Bunkamura ザ・ミュージアム

会期:2020年11月21日~2021年1月24日

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。