チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

「Connections―海を越える憧れ、日本とフランスの150年」【アートシーン】

f:id:tanazashi:20210110193223p:plain

 

 

Connections―海を越える憧れ、日本とフランスの150年

f:id:tanazashi:20210110193211p:plain

印象派の画家クロード・モネ
浮世絵を通して日本に魅了されたモネは自宅に睡蓮の池を作ります。
四季折々の植物と池に架かる太鼓橋。
モネが憧れた理想の楽園でした。
印象派の時代から現代まで。
フランスと日本150年に渡る芸術交流をたどる展覧会です。

f:id:tanazashi:20210110193159p:plain

19世紀後半。
日本から多くの浮世絵がフランスへと渡ります。
斬新な構図。鮮やかで平面的な色使い。
西洋の伝統と異なる表現が画家たちに衝撃を与えました。

f:id:tanazashi:20210110193139p:plain

ゴッホは浮世絵で見た色彩豊かな日本のイメージを求めて、南仏アルルに移り住みます。
大胆な構図と鮮烈な色彩。
日本への憧れが新たな創作へ駆り立てました。
同じ頃。日本から多くの若者がフランスへ留学。
近代洋画の礎を築いていきます。

f:id:tanazashi:20210110193127p:plain


黒田清輝の《野辺》。
不道徳との声の中、日本に裸婦像を根付かせた黒田の代表作です。
実は野辺には参考にした作品があります。

f:id:tanazashi:20210110193116p:plain

黒田の師だったラファエル・コランが描いた《眠り》よく似た構図です。

f:id:tanazashi:20210110193103p:plain

今回二つの作品を並べることで、日本独自の裸婦像を模索した黒田の工夫が読み取れると言います。

f:id:tanazashi:20210110193051p:plain

「コランの方が完全に眠りに落ちている女性で、真っ白な肌は西洋人のモデルだなっていうことがよくわかる表現で描かれているのに対して、黒田清輝の野辺の方は覚醒している女性。手に花を持っていたり自分の下半身に当てるような仕草をしていたり。必ず下半身に何か覆いを付けるでそれを毛皮というモチーフではなくてこういう布地に変えていくことで日本人にも受け入れられやすい裸婦像というものを創出していったって考えられています」

f:id:tanazashi:20210110193041p:plain

安井曾太郎のフランス留学の集大成。
生命力溢れる豊満な裸体表現にはルノワールの影響が感じられます。

f:id:tanazashi:20210110193031p:plain

安井がフランスで最も感銘を受けたのがセザンヌ

f:id:tanazashi:20210110193020p:plain

ピラミッド型の構図はセザンヌを思わせます。
影響を受けた画家の画風を貪欲に取り込んだ意欲作です。

f:id:tanazashi:20210110193010p:plain

日本のシュルレアリスムの先駆けとなった古賀春江
1920年頃。フランスで始まったシュルレアリスムの芸術運動。
それは最新の前衛芸術として伝えられ、やがって日本独自の表現となって戦後まで受け継がれていきます。

f:id:tanazashi:20210110192956p:plain

神奈川県箱根町のポーラ美術館で4月4日まで。

 

会場:ポーラ美術館

会期:2020年11月14日~2021年4月4日

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。