チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

「眠り展:アートと生きること ゴヤ、ルーベンスから塩田千春まで」【アートシーン】

f:id:tanazashi:20210223152812p:plain

 

 

眠り展:アートと生きること ゴヤルーベンスから塩田千春まで

f:id:tanazashi:20210223152432p:plain

まどろむ女の子と男の子。
描いたのはバロックを代表する画家ルーベンス
亡くなった兄が残した幼い子供達がモデルだと考えられています。
あどけない寝姿はルーベンスが描く宗教画の天使のイメージにも重なります。

f:id:tanazashi:20210223152454p:plain

19世紀フランスで写実主義の運動を率いたクールベ
横たわる女性をありのままに描き理想化された裸婦像の伝統をうち壊しました。
眠りをテーマに古今東西のアーティストの作品を集めたユニークな試みです。

f:id:tanazashi:20210223152508p:plain

展覧会を象徴するのはゴヤの《理性の眠りは怪物を生む》
人は眠ると理性から解放される。
不気味なフクロウやコウモリは男の夢か幻か。

f:id:tanazashi:20210223152524p:plain

フクロウが持つのは銅版画に使うニードルです。
眠りは想像力を生み、想像力が芸術を生む。
そう暗示しているのでしょうか。

f:id:tanazashi:20210223152542p:plain

「芸術家は夢というものを扱って、そういったところから人生あるいは社会というものを読み解こうと言った同期で製作をすることもありますし、また夢の中に新たな芸術の糸口を見つけようと、そういった動きもありましたので、そういう意味においては芸術の中でも眠りというのはとてもを欠くことのできないものだと思います」

f:id:tanazashi:20210223152558p:plain

幻想の画家として知られるルドン。
自由奔放な想像力で夢と現実の狭間を漂うような異形の生き物を生み出しました。

f:id:tanazashi:20210223152615p:plain

現代の作家たちも様々な視点で眠りを表現しています。
枕には生と死という両極が含まれていると語る小林孝亘

f:id:tanazashi:20210223152635p:plain

整えられた真っ白な枕。
それはかつてそこに横たわった誰かを思い起こさせる死の象徴でもあります。

f:id:tanazashi:20210223152646p:plain

川口達夫がチェルノブイリ原発事故に触発されて作った作品。

f:id:tanazashi:20210223152703p:plain

鉛の板には30種類の種が埋め込まれています。

f:id:tanazashi:20210223152400p:plain

床に置かれた管に入っているのは発芽するのに必要な水と空気と土。

f:id:tanazashi:20210223152723p:plain

いつかすべてが混じり合い、芽を出す日を待ちわびながら種は眠り続けています。

f:id:tanazashi:20210223152347p:plain

台湾のアーティストジャオ・チアエン。
夢に注目した映像作品を制作しました。
カメラが捉えるのは台湾で働く外国人労働者たち。
寝ている間に見た夢について語り始めます。

f:id:tanazashi:20210223152339p:plain

語られる夢は異国で暮らす彼らの厳しい現実を鮮やかに浮かび上がらせます。

f:id:tanazashi:20210223152324p:plain

千代田区東京国立近代美術館で今月23日まで。

 

会場:東京国立近代美術館

会期:2020年11月25日~2月23日

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。