チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

「埋忠〈UMETADA〉桃山刀剣界の雄」【アートシーン】

f:id:tanazashi:20210223170129p:plain

 

 

埋忠〈UMETADA〉桃山刀剣界の雄

f:id:tanazashi:20210223170019p:plain

九鬼正宗。

f:id:tanazashi:20210223170035p:plain

刀剣史上最も有名な刀工・五郎入道正宗の手になる名刀です。

f:id:tanazashi:20210223170046p:plain

今回注目するのはその刀身の根元に装着されたハバキ(鎺・鈨・はばき)です。

f:id:tanazashi:20210223170055p:plain

等身をさやにしっかり納め、抜け落ちないようにする金具です。
純金で作られた特別な逸品。
名刀にふさわしい豪華なハバキ(鎺・鈨・はばき)幅。

f:id:tanazashi:20210223170104p:plain

そこには手掛けた職人の名、宗忠と刻まれています。
安土桃山時代から江戸時代にかけ刀剣界で活躍した埋忠一門の展覧会。

f:id:tanazashi:20210223170118p:plain

京都を中心とした埋忠一門の活動は刀剣やつば、刀装金具などの製作にとどまらず、古い刀の仕立て直しなど多岐に渡りました。

f:id:tanazashi:20210223170006p:plain

南北朝時代の刀工・江義弘の手になる国宝・稲葉江。
桃山時代本阿弥光徳の鑑定によって金象嵌の命が入れられました。

f:id:tanazashi:20210223165956p:plain

この象嵌も埋忠の仕事でした。

f:id:tanazashi:20210223165944p:plain

仕事の依頼を請け負った刀を記録した埋忠刀譜。

f:id:tanazashi:20210223165937p:plain

稲葉江を始め描かれた数々の名刀が当時の埋め立て一門の隆盛を物語ります。

f:id:tanazashi:20210223165928p:plain

「将軍家ですとか、大名家ですとか、もちろん本阿弥家ですとかその時代のトップクラスの実勢を動かしていく人たちと密接に関わり合って、刀剣会のための仕事をすごくこなしていった。後の時代でそういった大掛かりに刀剣文化を支えていった家というのはなかなかないと思います」

f:id:tanazashi:20210223165917p:plain



埋忠一門の中で突出した才能を誇るのが桃山時代に活躍した埋忠明寿。

f:id:tanazashi:20210223165909p:plain

刀の製作のみならず刀身彫刻でも高く評価されています。
うろこの一枚一枚までも精緻に刻まれた龍。
卓越した技が伺えます。

f:id:tanazashi:20210223165900p:plain

こちらは明寿が手掛けたつば。
粋な蔦のデザインです。
茶色の滲みは金属の腐食作用を利用しています。

f:id:tanazashi:20210223165851p:plain

幕府が江戸に移された後に埋忠一門は京都を中心に止まり、職人集団として刀剣界を支えました。

f:id:tanazashi:20210223165842p:plain

東京両国の刀剣博物館で今月21日まで。

 

 

会場:刀剣博物館

会期:2021年1月9日~2月21日

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。