チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

「東西の日本画 ―大観・春草・松園など―」【アートシーン】

f:id:tanazashi:20210420152822p:plain

 

 

東西の日本画 ―大観・春草・松園など―

近代日本の美人画を牽引した東西二人の画家。

f:id:tanazashi:20210420152728p:plain

西の上村松園、東の鏑木清方

f:id:tanazashi:20210420152740p:plain

松園は京画壇で学び、突出した描写力で新しい美人画の世界を開きました。
透き通るような肌の色使い。

f:id:tanazashi:20210420152752p:plain

そして繊細な線描。
その表現は気品に溢れ、どこか現実離れした美しさです。

f:id:tanazashi:20210420152803p:plain

一方清方は東京で浮世絵の流れを引く日本画家に入門し、江戸から続く美人画に業績を残しました。
清方はこよなく愛した東京の下町風俗や芸に生きる役者たちを描きました。

f:id:tanazashi:20210420152813p:plain

近代化の中、移りゆく日本の姿を描き残そうとした二人。
伝統と革新の狭間で挑戦した東西の近代日本画家たちを紹介します。

f:id:tanazashi:20210420152721p:plain

明治維新の大変動の中で、それまでの伝統的な絵画が否定されたり、

f:id:tanazashi:20210420152712p:plain

西洋化が盛んに叫ばれたりする中で、

f:id:tanazashi:20210420152705p:plain

画家等は日本の伝統の良いところを見つめ直して、自分の表現を追求していくという姿勢が

f:id:tanazashi:20210420152658p:plain

個々の画家に見られるって言うことは、近代の日本画家たちの一つの特徴かなと思います」

f:id:tanazashi:20210420152652p:plain

その近代日本画壇を牽引した一人が横山大観です。
大観は日本美術院の創設に尽くし、新しい日本画の表現を追求していきます。

f:id:tanazashi:20210420152642p:plain

墨の濃淡によって表現された湧き上がる雲。
その雲間から霊峰富士が姿を現します。

f:id:tanazashi:20210420152632p:plain

36歳で早世した菱田春草
大観とともに近代日本画を開きました。
春草も一時期、線を描くことを辞め、色彩の濃淡で表現する朦朧体をつき進めました。
満月のもと岩場に打ち寄せる波の一瞬の表情を幻想的に描き止めました。
時を同じくして西の画家たちも新しい表現を追求していました。

f:id:tanazashi:20210420153015p:plain

その一人が虎の翠石と賞賛された大橋翠石です。

f:id:tanazashi:20210420153030p:plain

翠石は若い頃から虎を描くことに挑戦してきました。

f:id:tanazashi:20210420153054p:plain

墨の濃淡とぼかしで表現される縞模様、胡粉を用いて毛の一本一本の表情まで再現されています。

f:id:tanazashi:20210420153058p:plain

この表現力こそ翠石の虎図が絶賛された所以です。

f:id:tanazashi:20210420153247p:plain

画壇から離れ、神戸の自宅で宗教的な作品を書き続けた村上華岳
蓮華台の上に乗る観音の慈愛に満ちた姿。
自らの作画を祈りの行為だという華岳は終生求道的な生活を送る中で内面世界を追求しました。

f:id:tanazashi:20210420153239p:plain

神奈川県箱根町の岡田美術館で9月26日まで。

 

会場:岡田美術館

会期:2021年4月3日~9月26日

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。