チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

日曜美術館「丸木位里・俊『沖縄戦の図』 戦争を描いてここまで来た・佐喜眞美術館」

f:id:tanazashi:20210613140700p:plain

 

 

「原爆の図」の丸木位里・俊が最後に描いた地上戦。

14点の壮大な連作「沖縄戦の図」はいかに書かれたのか。

壮絶な沖縄戦で生き残った人々との共同制作。

その貴重な映像記録が残されていた。読谷三部作が訴え続ける平和の重み。

米軍上陸の初日に読谷村で起こった沖縄戦最大の惨劇“集団自決”。

島民たちが逃げ込んだ“チビリガマ”の悲劇と全員が生き残った“シムクガマ”。

明暗を分けたのはなんだったのか。丸木夫妻の発見とは。

 

 

 

 

美術展ぴあ2021 (ぴあ MOOK)

美術展ぴあ2021 (ぴあ MOOK)

  • 発売日: 2020/12/22
  • メディア: ムック
 

 

 

 

 **

 

日曜美術館丸木位里・俊『沖縄戦の図』 戦争を描いてここまで来た・佐喜眞美術館」

放送日

2021年6月20日

今日の日曜美術館は沖縄の小さな美術館を取り上げます

この花は嘉数高地というところで1945年4月1日に上陸したアメリカ軍と日本軍との間で激しい戦いが繰り広げられた場所です

あの向こうにと町中に広がっているあれが普天間基地です

沖縄本島では現在も面積の約1/6が米軍基地です

今日はこの普天間基地の北の端にある小さな美術館を訪れます

いち沿いですね

土日は有刺鉄線は銀色のセンスが国境線のように父と美術館木切っています

原爆の図を描いたヴァルキリーと丸木俊は晩年になって沖縄戦の図に取り組みました

それ階段の文章そのてん作品中よん人がこの美術館に収められています

おが初めて見るのでもう今最も余計なこと言わないでやっぱり見なくてはいけないって思いました

大画面を使い沖縄戦の惨劇が時と場所を超えて描かれています

ノーで焼き尽くされる町で起きた日本兵による島民殺害

スパイ容疑で殺されたさん人の娘本島南端の海への投身

自殺珊瑚礁の海に身を投げゆっくりと流れ去る痛いは赤の表情を浮かべています

この画面の上には最初に米軍が上陸した渡嘉敷島で起きた集団自決が詳細に描かれています

家を焼かれ逃げ惑う母と少年沖縄どう考えても沖縄中のが今度の戦争には一番大変なことが起こったのだですわねそれでね沖縄は長い間何ヶ月も戦争して写真がいち枚もないはずな

日本人の写した写真はみんなアメリカが写した写真ですね

それでそれでは誰が考えたのは日本人

日本人がからね

目で見るものをどうしても残しておかなきゃね

よんの人たちがいろいろ話をしてくれるのを聞いて

そして日本人日本人がから見た形をね残しておかなきゃならんとそういうのでね

どうしてもこれは書かなきゃならないと

1945年4月1日未明

残波岬を目標にアメリカ軍が接近せんごひゃく隻の軍艦による上陸作戦を開始しました

艦砲射撃に続いて読谷から北谷への海岸線を上陸用舟艇が埋め尽くします

米兵が迫り来る中読谷の人々は老人や子供の手を引き赤ん坊を抱いて釜に逃げ込みます

米軍上陸直後読谷村の自然洞窟チビチリガマが集団

自決の現場となりました

まきさんはの長浜というところで8日9月

何日加藤隆してたので

その間に寝たいということで僕案内したんです

中までどこまで帰られました

ずっとこちょこちょどうするとZの中ですよ

遺族会の強い意向で当時の様子を止め

保存してきたがまで一般の立ち入りは禁止

され時が止まったかのようです

真夜中胸胸の奥さんですよこれも来れてよかったですが

これとこれも笑えてねこれもそうですが

これも貧乏は慣れて八百長ですよ

でもね俺も背骨とかねこともあるんですね

ここは当時26歳の従軍看護婦さんがいたんですよ

そちらで何やってるんですよ

これはその毒の薬じゃないか

と言われているじゃない

これこれこれ何ですか

これからzozoおしろいの令

コンパクトなんですよそうですよ

面白くないですね

お化粧好きな若い人がねお化粧道具を持って来いを

非難してたんですよね

人と人との絆が強く命を大切にしてきた沖縄の人々

身近な人を手にかけた集団自決は心の傷として残り

誰にも語れない時間が長く続きました

戦後40年が経ち

丸木夫妻が沖縄戦を描き始めた頃、ようやく村人は少しずつ語り始めました

ところに腰を持って行くともう嬉しそうにして

あこれいいねって言ってなかったですね

ばあさんがもうやめなさいとか言ったりしてね

モデルに連れて行ったんですよ

えらいばあさんがですね

パパがいてそれをまたいでさんが

墨で汚しな言い方して

さっきまであのあの家には遺族がほとんど乗ってますよ

全部全部モードになってます

あの最初ねあのまりこさんの存在を知ったのは

高校生の時から2年の時だと思うんですけど

写真家映画監督の本橋成一さん

原爆の図にショックを受け丸木夫妻に強い関心を持ちました

写真家となり二人の撮影を10年以上続け読谷にも同行しています

何かこう生のその被害された方たちそれを真理子さん達と同じように

あの見た後数々のねあのー色んなあのー帆船の絵の中には

自分達は立ち会ってなかったっていうことをおっしゃってましたね

モデルをたくさん揃えてくださってあの時どうしたみたいなことを

スケッチの中であのー大きいになるんですよね

そうそうだからよをかけながら

その時の感情的なものを

そのモデルになった方

みんな俺の方ですけども

それがなんかこうあの筆先のなんかこう

ちょうどねあの同時

並行で測れること

読谷三部作チビチリガマ

丸木夫妻は米軍が上陸した読谷の

もう一つの釜を描いています

シムクガマ集団自決が起きたチビチリガマとは異なり

ここでは全員が脱出しました

国家や集団の圧力

米兵は日本人を皆殺しにする

とのプロパガンダに染められていた時代

しかしガマにいたハワイ移民の帰国者が

米兵は住民を保護すると説得し

洞窟を出て兵士と交渉

それを見た全員が揃って

外へ出たのです

丸木夫妻は読谷で起きた西都市のドラマを

日本社会を象徴する

二つのガマとして描きました

佐喜眞美術館と向き合って

沖縄独特の亀甲墓が立っています

春野市民祭には

官庁先間道夫さんの親族が集まって

先祖供養を行います

鹿島さんどんなお気持ちですか

今日はイオンの開始しましたね

みんなで今美術館が建っている土地は

戦後は米軍基地に接収されていました

鍼灸師をしていたさきまさんは

知人の紹介で丸木夫妻の治療を始めました

二人は描き始めたよ

沖縄におきたいと考え

先まさに美術館建設を依頼します

何年も放置を探しましたがふさわしい土地は見つかりませんでした

私の千と千尋土地台帳をずっと見ていたんです

地震地震なんか持ってる場所でいそうな場所ないかと

えーとで行っておりなんと死ねほうが見えてきたですね

こねこのと違うわ

これはもう洗濯の墓もありますし

背中があります

ここから見れば

海が見えるとコナンとこれは

ごひゃくよんじゅーえんですよ

ほぼぴったりの場所ですよね

それではちょっとショックでしたね

わしもとっても足音

灯台下暗しが入ってるんですから

後にしましたね

あれすんだと全部揃ってない

でもなんと軍事基地中でした

普天間基地の中になったら

手の届かないフェンスの向こうな

んですよね

はいこれを返してもらうしかないと

土地返還には膨大な手続きがあり

なかなか進みません

ところが普天間市役所の職員が

米軍の責任者に

会えるチャンスを作ってくれました

不動産管理部の社長ホール

自動車さんと言うか早く社長さんでした。

そこに私と火がひゃくいち本つー役と言ったんですね

はい返してくださいと米軍と直接交渉するんだと

何を盗みましたらポールさんは姉ちゃんのかとミュージアムできたら

技能士よくなるんやとわれは問題ないよOKだって

米軍から届いた軍用地返還の正式の通知です

幻だった美術館は土地探しから始めて

一緒に実現したマキシこういちさん

沖縄戦の図が示している

沖縄の言葉でヌチドゥタカラ命こそ

宝というコンセプト空間で表現する

沖縄戦があって命がたくさん失われたという

1945年の時間を振り返らせるために

沖縄で遺伝子とされて

6月23日の昨日の方向と熟成を合わせる

にじかん時悟空完了寿司帰りです

その作業こそがこの美術館を作るというふうに考えています

美術館は1994年の秋に開館し沖縄で描いた全作品が収められました

この絵は沖縄の人々がいて初めて描けた作品です

完成したら沖縄に置きたいその夢が実現した日でした

埼玉県の丸木美術館と並んで丸木夫妻のアトリエがあります

面白くない自然豊かなこのアトリエで

原爆の図南京大虐殺アウシュビッツなど数々の作品が生まれました

場面は沖縄と自宅を往復しながら制作を進めました

としさんの命のマルキひさこさん

トシさんに誘われて20年以上身近で暮らしてきました

ご飯作んないんですよ存在です作んないと怒られるけど作っちゃうね

また不思議なものを作る丸いもの作ってね

やりたいとかね

そういうのあまりあまり料理は

でも私だって得意じゃない

んですけれども

まあとにかくご飯と味噌汁を作る場合は

仕事があるから本当にダメなんだよね

誰か言って

ご飯作ってくれない

1月へんだって言う様子っていうのは

一緒に本当に同じ部屋で寝たいな

音を一緒にしないと

なんかわかんないもん

なんだなーっていうのが思った

んですけど布団を片付けたら

あのいたならだったと思うんですよね

ゆかに目安なんでしょ

だからそういう風に形になってんですよ

なのかって思って

それで大変大変なんだなっていうのが

すごくチビチリガマでなんか見てますとね

お母さんと赤ちゃんとかねそういう会が

いっぱいありますよね

母とこぼしとかですね

そういうことにはどっかで強い意識があった

そんなこと感じたことありますか

嫌味ばっかり一から十まで全部それ

丸木俊は母と子が健やかに

ちゃんと当たり前のように育って行ってくれるって

言うことだから

それをそんなことがあっては

いけないっていう

気持ちですもうそれだけですよね

だからそれを伝えたいがために書いてるかな

そういうこっちですよね

命の大切さ子どもたち

沖縄こういう言葉があるんだって

制作してる時っていうのは

こっちに帰ってきてご飯食べるときも

ずっと話してるものもなく

大変な思いして死にそうだったんですけどね

それを私たちには

多くの丸木位里俊の作品が残され

いつでもそれを見ることができます

絵の前に立つと平和を願うが

彼の声が聞こえてきます

二人の創作の記録が残っています

沖縄戦の図に取り組む

半年に及ぶ詳細な映像です

二人の画報は対照的です

いりは太い筆で一気に描き

歳は長く細い筆で繊細な線を描く

水墨画と油絵という異質なものがぶつかり

次々と迫力ある作品を生み出してきました

よせばいいよ癖になるんです

思い切ってやらなきゃ

冷やしたようつの額を書くんですか

あの手が大きくなろうが

短くなろうが長くなろうがいいんですよ

そのそれがそれするとそこに動いてたよ

はるばるここに来て

ここに座って描かねばならないのです

ソラカゼ水草トリ

みんなが黙って

私たちの筆を動かしてくれるのです

エメラルドをオレンジに染めて

珊瑚礁に沈んだ娘たち

これこれこうやってこっちの方が一番高い

綺麗に書いてよ

男の子みたいなしかないでね

男が書くとね男足から不思議ねアネモネ

なぜこんなことが起きたかったか

みんな半狂乱の中でしょ

そういう中で

割と冷静にものを見主権見てる

それそれそれともした人が一人

おったほうがいいねお願いしますね

これ雷鳴った

何が何かわかるずうとるからね

あの白いところを残すとしても

あるいはこのよん枚のよ

入れ替えるっていう方法はないかな

やってみて

面白ければやってもいいんですよ

完成を目前に

あえて空白を残した斜めの空間

この空間を生かさねば

けれど周りを描き進むうちに

そのまま残すことは困難

白い空間に娘を書き込む時の恐ろしさ

娘はスパイ容疑の拷問肉類

日本兵の竹槍によって命を落としました

一人は立ち一人はうつむき

一人は座っているさん人の子供はネイル

ただそれだけで

ラーメンはぴしりと決まりました

それほどその自分の子供であり親であり

東方仲の良い友達であり

近所の親しいあの方達って言うか

そういう人たちに来を自ら手をかける

有吉の日立から

手をかけてもらうっていうような

寝たら起きてしまったって

そのそのことが

前の中にこの絵が

書いてると思うんです

けどそのそういう時に

こういう極限状態に追い詰められた

まあ本当想像絶するものなんですけども

あのそういう想像

買えるものにまでも

その糞どこへもんなんだけど

実際それを言ったってそれを生きた取れ

そうやって命を奪われたってことですけど

なんか多少経験すると

私はもう取り返しはつかない

しを経験するってことですけどそれを

そしたらなんか

極限状態をあの通らなければならなかった

人たちのあの人間の言語とか

想像力を超えるものが

この絵の中に表現されてると

それがなってスカウトして

そっちへの力として

ご見るものに迫って来るって言う

マルチ都市はなぜ近衛沖縄に託したのが

さきまさんへの想い課題です

さきまさんは

美術館こそ過去を未来へ繋ぐ現場であり

物を考える空間にしたいと願っています

清掃した軍人も書いた

それからまりさんがね

一番沖縄に来て驚いたのは集団自決でした

集団自決ということですね

これも想像すらできませんね

その集団自決大変ショック受けました

これは渡嘉敷島での集団

自決の基づいて借りたいですが

そのことを克明に書いてありますねこの

人超ですね

民間人ですから生き延びたいと思ってね

そういう条件下で

そういうとこ行くみたいですから

ありませんでした

上の方におですね

お母さんと娘さんでしょうか

首の二人占めあってます一緒に死のうですね

これはね一緒に死にたくてこい新型選んで

絶対死ねないグッドしまう

ため必ず死んでしまう

死んだら抜けてしまいますね

首がつく気を吐いてみると

目の前に自分が殺したお母さんか

娘が死んでるね

自分が生き残ってる

こういう子たちの戦国

何大変苦労したんでした

どうぞ何でもいいですよ

はいどうぞはいはい行きたいです

戦争ではね

1番いい広いみんなのうた子供ですよ

車どんどん死んでいったことも

死んでいった

子供達への手向けとして書いてあるよ

マルトシさんは

家族の退職者ってました事が起きます

沖縄のねおばあちゃん達はね家族

がありますとね沖縄

ではきゅーじゅーなな歳でありますと

花風車の携帯を嫌がる音

あの花のカジカジ前を思い出すんですね

おばあちゃんとじゅー人来田中に来ています

あの先生死んでた若者たちがもし死ななかった

すぐなるか級女子の春の鍛冶場

今出たでしょうね

そういう思いが選択されてますね

じゅーに歳のばあちゃんですよねが

金森さんは死んでい

たか教えて抜けたじゃ

これは沖縄のおばあちゃんの思い出所

集団自決だったり

家族同士で殺し合ういうのが描かれてるんです

けど結局は国が沖縄を戦場にして

国に殺された

今いつも自分で今使ってるけど

立たざるを得なかった犬

これは本当になくなった命じゃなくて殺さ

れた命だなと思って

自分の年を考えた時に

当時では多分

鉄血勤皇隊笠間は軍隊としている

年齢だなーっていうふうに思っていて

そん中でやって

沖縄の人が

お家の人に手をかけるという部分がある

というような話を聞いた時に

加害者だったかもしれない少し

状況が変わるだけで

こんなに変わるんだよって言うのも

なんか伝えられる環境とかがあったら

もっとこの和暦さんだったりとか

館長さんが話してたやつとも

話し合っていくのかな

という風に思いをしたありがとう

その通りですね

私もそうしたかもしれないことが

信じます

これはねまる切山虎子画像来ました

耳が雑巾で手がありますけども

おがくずの床に見つかる症状がいいですね

ですからこの心理テストとかに自らの身を置く

というのは

そういう面では

そういう風に身を置いて書く

という意味があったと思いますね

丸木夫妻は絵を描く前には

必ず現場に足を運びました

と見えましたか

熱もありますし

あの避難するにはまい白いですし

アリに恵まれてはいる状況でも

あったんですけど頑張りたいです

まだまだせんえんぐらい入ってたので

仙人ゆりは村人が

釜から脱出した後の

ガランとした

空間の明るさをイメージしました

やる事は違うけども

実際に場所を訪れて

その時手がそのなんか

亜種大剣をその自分で火のカードを通して

こうこのがまんの雰囲気っていますか

持ってる子そこにいたそうです

お値段も鳴り響いても

耳を傾けてきてよかったね

台風がかなりお二人の中には

イモリも今後にも

描かない入りの筆は

厄年水の生命力が溢れ出ています

自決の前に日の目を見てからにしようと

そのまま出て捕虜となりました

ひどかった戦争のことは

いつまでも消えることなく続いています

読谷三部作は

戦争が終わった読谷村を描いて完結します

今も前頭に残る戦争の傷跡

長い沈黙の目撃したことを語った人

それを沖縄戦の図として

目に見える形にした

まるきりトト子の仕事

平和は与えられるものではない

大変去る人の営みによって

成し遂げるものなのだ

 

取材先など

 

放送記録

av98ingram.wpblog.jp

 

 

書籍

 

 

 

 

展覧会

 

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。