チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

「ファッション イン ジャパン1945-2020 流行と社会」【アートシーン】

f:id:tanazashi:20210702203530p:plain


 

 

ファッション イン ジャパン1945-2020 流行と社会

f:id:tanazashi:20210702203615p:plain

戦後日本各地で大流行した洋裁学校。

f:id:tanazashi:20210702203608p:plain

若者たちが学んだのは新しい洋服の知識や仕立て。
さらに欧米のファッション文化を身につけていきます。

f:id:tanazashi:20210702203555p:plain

同じ頃、作り方や着こなしを指南する雑誌も次々と創刊。

f:id:tanazashi:20210702203550p:plain

モンペから始まった日本のファッションはここから一気に世界レベルへと駆け上がってきます。

時代を象徴するおよそ820点の服や資料でファッション史を飾る大規模な展覧会です。

f:id:tanazashi:20210702203530p:plain

「現代のファッションを考えるにあたって、今私たちどこにいるのかっていうことを、過去を知らないと分からないんじゃないかっていう風に思って、この企画案を立ち上げました。西洋のファッションの言語だったり規則、規範。ちょっとその枠組みを超えた面白さ、新しさ斬新さっていうものがあるかなという風に思います」
1960年代、高度経済成長期を迎え、洋服は作るから買う時代へ。
若い消費者が時代を牽引します。

f:id:tanazashi:20210702203917p:plain

アメリカのキャンパスルックを取り入れたアイビールック。

f:id:tanazashi:20210702203910p:plain

ロンドンの若者達から広まったミニスカート。

f:id:tanazashi:20210702203903p:plain

丈は膝上。
女性達は堂々と足を見せて街を闊歩しました。

f:id:tanazashi:20210702203856p:plain

雑誌はもはや洋裁の指南書ではなく、最新の流行をいち早く伝えるメディアとなりました。

f:id:tanazashi:20210702203848p:plain

70年代はデザイナーが躍進した時代。

f:id:tanazashi:20210702203839p:plain

既存のファッションに飽き足らず、個性豊かなスタイルを発表。

f:id:tanazashi:20210702204219p:plain

さらに世界を舞台に大旋風を巻き起こして行きます。
布と体の間に生まれる空間。
そのシルエットに着目した三宅一生

f:id:tanazashi:20210702204209p:plain

一枚の布をモチーフにした三宅の作品は、体の線に合わせ立体的に仕立てる伝統的な服作りに新たな概念をもたらしました。

f:id:tanazashi:20210702204159p:plain

歌舞伎の華やかな色彩など、日本の美学を追求した山本寛斎

f:id:tanazashi:20210702204151p:plain

本当なデザインの衣装は、カウンターカルチャーの機種だったデビット・ボウイのステージを盛り上げました。

f:id:tanazashi:20210702204141p:plain

バブル経済に湧いた80年代。
ファッションにもその波が押し寄せます。

f:id:tanazashi:20210702204134p:plain

ブランドの個性を強く打ち出したいわゆるDCブランドが次々登場。

f:id:tanazashi:20210702204119p:plain

誰もがファッションに興味を持つ時代の中、若者のブランド志向も強まりました。

f:id:tanazashi:20210702204439p:plain

90年代のバブル崩壊後、流行の発信源は街へと移ります。
東京原宿のショップから裏原系と呼ばれるスタイルも登場。

f:id:tanazashi:20210702204432p:plain

若者の着こなしが話題となり、スナップ雑誌が売り出されるほど。

f:id:tanazashi:20210702204422p:plain

2000年代には可愛いファッションが世界的に話題となります。

f:id:tanazashi:20210702204414p:plain

そしてコロナの時代。
ステイホームの家をモチーフにした作品。
三角形のテントはドレスになります。
時代の空気を吸収しながら独自の発展を遂げてきた日本のファッション文化。
その豊かさを体感できます。

f:id:tanazashi:20210702204405p:plain

東京六本木の国立新美術館で9月6日まで。

 

会場:国立新美術館

会期:2021年6月9日~9月6日

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。