チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

新美の巨人たち 「柳宗悦『旧柳宗悦邸』」

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/t/tanazashi/20200405/20200405152158.jpg



 

 

*******

美術の窓 2021年 1月号

美術の窓 2021年 1月号

  • 発売日: 2020/12/19
  • メディア: 雑誌
 

美の巨人たち 柳宗悦『旧柳宗悦邸』

放送:2021年6月26日

 

井の頭線

渋谷から二駅東京駒場の静かな住宅街に

その人のお宅があります

さん見えてきましたよ

時代劇に出てきそうなこの風情

すごい長い文ですね

これモダンな空気が漂います

全てが計算し尽くされた

センスの塊のようなこのオタク

日本や世界中から集めた数々の美しいもので

しつらえられているんです

ここで若い頃を過ごしたのが

後に世界的プロダクトデザイナーとなった

柳宗理です

でも今日の主人公は家を建てたお父さん

柳宗悦千利休を超える目利きとうたわれた人

ステイホームの達人たちの

セクシー生活を紐解くシリーズ

その人その暮らし

今回は家の中でたっぷり楽しむ秘訣を

東大寺の目利きに教えてもらいましょう

メカラウロコですよ今日の作品

昭和10年に旧柳宗悦

まず驚くのはこの佇まいですよ

南都屋根瓦が全部

栃木県特産の大谷石でできています

この長屋門栃木の農家から

丸ごと買い取ってきたものなんで

家の主のいわばコレクション品

ここに持ってくる意味っていうのが

きっとあったと思うけどね

この家は設計した

柳宗悦の企みに満ちています

では中へ今日は

入ったらもう出ませんよ

もう間くぐり抜けるだけと思いきや

モダンな玄関にリフォームされていました

お家床に敷き詰められているのも

大谷石のようです

びっくりさせる

っていう楽しみもあったんですが

ここまで大谷石

奥のスペースも見てみましょう

道具置き場などに使われるそうですが

ルアー全く想像できなかったですね

現場の無骨な作りがそのままに

一枚板の机と椅子が置かれて

床の間も設えられ

大事なお客様を迎える

応接室に生まれ変わりました

宗美の企みまだ序の口です

この家は長屋門と母屋からなる

逆L字型の二階建て母屋には

どんな驚きが待っているんでしょうか

ここは家族や友人たちが集った食堂

フローリングの洋室が

隣の和室と一続きになっています

でもそれを乞うひとつの融合させるのは

この障子の役割でもあるんですよね

病室の窓にもしつらえた少女

京都の町屋に見られる切り落とし

講師を元にデザインしました

よく見ると和室と洋室では

久美子の高さが違うのがわかりますね

専用の新しいスタイルを

日本の伝統に同調はさせるのかに

種類の表示が答えだ

家の主柳宗悦

世界中から美しいと思うものを

身の回りに置きました

playスペインじゅーなな

世紀のスペインのお皿でしょうは

決して高価ではなく

実際に暴れていたものがほとんどでした

こちらの椅子は

19世紀のイギリスで

使用されていました

ちょっと座ってみますか特別ですわー

なんかすごいいいものが

出来そうな感じがしますよね

大好きなものに囲まれる喜び

家での暮らしを

贅沢な気分にさせてくれたのでしょう

でもその収拾への情熱は

狂気に近かったと

家族に言わしめるほどだったそうです

一体なぜそこまで審美の巨人たち

オールフォーロングライフ

ヘーベルハウスとよろこびがつなぐ世界へ

キリンの提供でお送りします

宗美は明治22年

海軍将校の柳楢悦と柔道家

嘉納治五郎の姉勝子の三男として

裕福な家庭に生まれます

学者でもあった父ならよしは

たくさんの本や

人がことを集めていました

宗吉の収集時期は

父譲りだったのかもしれません

にじゅーいち歳の時に友人白樺を創刊し

様々な西洋美術を紹介します

やがて画家で

詩人のウィリアムブレイクの研究に没頭

さらにロダンに直接譲ってもらった

彫刻家ゴッホの複製画を所有するなど

西洋の日に浸水していました

ところがそれは東京帝国大学を卒業し

結婚してすぐの頃

その冷ややかな時に人間の温かみ

高貴荘厳お嫁様と

昨日まで夢見だにしなかった

何ということもない朝鮮の小さな壺

それが宗美の人生を変えます

何度も挑戦に足を運び

日用品としての工芸品に

ひそむ美しさに夢中になっていくのです

何が胸をしの心を打ったのでしょう

工芸というものが

暮らしの中に寄り添うものである

それは育ち用いるということが前提に使いたい

という方もされてますけども

関根フット前的出てくるような

もう中に本当の日があるんだよように

即してもらえたの神の日が攻撃

ですね一番それが豊かに宿っているんだ

ということを

柳井さんは発展していくわけですよね

大正13年宗吉は集めるだけでは飽き足らず

ソウルに美術館を設立

収集品の展示を始めます

とっととこんな素晴らしい

何で誰も見向き

もしてもらえないの歌よね

だから明日引退して正しい評価を与える

それを引き抜いて掘り起こしてね

こんなものがあったんだ

この子凄いだろう

というふうなことをしないするのが

自分の使命だと思ったし

そういう使命感で物を集めて行ったんだろう

と思いますよね

そして宗美は

今では普通に暴れるようになった

民芸という言葉を生み出します

ゲテモノと呼ばれて見向きもされなかった

工芸品に光を当てて

一大ムーブメントを巻き起こすので

普段使いの焼き物から着物まで

何でも集めた宗吉

そこに用の火を見つけたコレクションは

現在日本民藝館で見ることができます

その別館に当たるのがかつての支度

柳宗悦邸宗美が特に気に入っていたという

長屋門の石屋根をに回から

じっくり見てみましょう

絶景と言うか見事で

目の前に大迫力の光景

大谷石の石屋根は

産地の栃木でしか

見ることができませんでした

ここに持ってくるっていう

その労力を要しても

でもやっぱり見てもらいたい

という風に思ったんでしょうね

東京で大谷石

もっぱら兵ばかりに使われていました

むねよしはそれが不満だったんです

自宅を建てるときに栃木の大工

わざわざ呼び寄せ大谷

石を至る所に用いました

埋もれている美容暮らしの中に生かしたいと

この家には

他にもむねよしが

再発見した日があります

うわあああ素晴らしい

美しい千年紀として使われているのは

厚みのある時

ある保存食を作るための道具なんですに

新橋この子あります

会津の名産ニシンの山椒漬けを作る器です

お気に入りのものをさりげなく

巧みに取り入れるのがむねよしりゅう

ちなみにたいへいさんが筆洗いとして使っている

とか不明お尻にされてますね

理想を詰め込んだ家を作ったら

自慢の一つもしたくなるというものです

時にはこんな大宴会が開かれることもむね

よしはこの食堂に

大勢のゲストを招きました

そこで会話がはずむ

ちょっとした工夫を凝らしているのですが

小上がりの和室太平さん

ちょっと座ってみてください

食堂の椅子に座った人と

目線がほぼ同じ

高さになるように作りました

気の置けない仲間を自ら設計した空間で

大好きな器でおもてなし

これほど家での暮らしを楽しんで

男もそうはいないでしょう

もちろん家は家族のものでもあります

宗美の妻さん人の息子

そして母一人一人に

快適な部屋が用意されていました

食堂の奥は母勝子の居室

宗男氏は一体

どんな風に仕上げたんでしょうか

芹沢圭介ですね

後に型絵染で人間国宝になる

芹沢圭介の初期の金が

襖を飾っていました

パッと気分が明るくなる色使い

他にもこの部屋には

お母さんを思いやった

仕掛けがあるそうなのですが

では大変さんにしばらくこの部屋で

一人で過ごしてもらいましょう

何か見つかるかなお家すごい仕事だなあ

目に留まったのは

付書院の障子の組子一本一本職人の手により

繊細に削りだされています

あれば別に美術館に置いてあっても

何も感じないかもしれないでも

日常のお茶飲んだり

家族で話をしてる中に

ふっと佇んでいる美しさですよね

部屋を仕切ると

襖には町ではなく

静岡県特産の葛布が貼られています

さりげなくしかしたっぷりと職人の技が光る石

すごく美しいものに囲まれて

どこを見ても幸せな気持ちになるし

たぶんそういうところに

お母さんをていう思いなんでしょうね

極上のおうち時間を過ごしてほしい

母へのやさしさに溢れた部屋フレスカむねよし

地震の書斎はどうなっているのでしょう

壁一面をおおう

ほんなんだか秘密基地みたいですが

窮屈さはありません

作り付けの本棚は軽やかな曲線のデザイン

宗吉本人の考案です

重厚なデスクは民芸仲間の木工家

黒田辰秋がむねよしのために作りました

この書斎でも

大変さんにしばらく過ごしてもらうと

あれ明かりを消しちゃいました

家の秘密が明らかにモダニズム邸宅の極み

安城ライムフレックスロングライフヘーベルハウス

ヘーベルハウスこの国住むが変わってきたのです

愛着のある新築の家を住み継ぐ人もいれば

信頼できる築さんじゅー

ご年の家を選ぶ人もいるかと思えば

年を重ねて一軒家からマンションへ帰る人がいる

人生ひゃく年生き方に相撲を合わせ

ていく時代で明日は選べる

だからあなたと話したい

ヘーベルハウス建設免疫の司令塔は

直接活性化できるのはプラズマ

乳酸菌だけ免疫の維持に役立つ免疫機能で

日本初キリンイミューズプラズマ乳酸菌の水で

あなたにも免疫ケア習慣プラズマ乳酸菌キリンイミューズ

東京駒場の住宅街にある旧柳宗悦

家での暮らしを

楽しむ様々な工夫が施されています

ここは主宗男氏の書斎

しばらく一人で過ごしていた太平さん

冬に電気を消してしまいました

一体どうしたんですか

こちらからの灯だと後者動画

いやいやいつもいい男ですよ

それでの日の明るさ

それから曇りの日の明るさ

雨の日の明るさ全部違うじゃないですか

でそれをしっかりと感じられる

お部屋になってるって

凄いなあと思いますね

東海大学の小沢先生は家の主柳宗悦

今の住宅を先取りする設計をした

と言います

かまどの作り方とか取り方というのに

そのやなぎ亭のは

先進性とした考え方が

反映していると思います

北側に水回りやサービス

空間南側に居室を取るというのが

典型的な和平女になってますねね

そのためにそれぞれの部屋に

南に大きな窓をとることが最高

ということが

できるというのも優れた点だと思います

でも二つ南に面していない部屋が

ここはもうこっちが

和名ケ谷もんなんですよね

ここは長屋門の異質性角化だった

妻の金子が音楽室に使っていました

玄関のそばにある部屋なので

静画学ぶ生徒たちを迎え

安かったそうですよ

あーそういうことか

生活の場は向こうにありますから

見えない中で

こちらに入って来ることができますもんね

当然としてね

そしてもう一つが来た

皮をむいた長男の部屋です

後にバタフライスツールなどで

世界的な名声を得た

デザイナーの柳宗理が使っていました

芸大の洋画家に通っていた総理には

強い光の入らない北向きの部屋が

アトリエにぴったりでした

造り付けのベッド収納付きなのも便利

でもこの部屋の一番の工夫は

その上の押入れにある数と

風が抜けていく

南に面した弟たちの部屋と繋がり

南北に風が抜けるようになっています

大勢が集う食堂にも

こんな仕掛けが

関係を一番に考えた作りでした

大正時代とかにこう

あの伝染病ですねに関わることで

部屋の中の環境を整えていこう

という考え方が非常に進んだ

大正時代スペイン風邪夜景ひゃくが世界で大流行

日本でも多くの人が亡くなりました

そんな世の中を見てきたむねよしは

家族の命を守り抜くという強い気持ちよ

この家に込めたんです親心ですね

ところが長男の総理が父親に反発して

この家を出ていってしまいます

親心伝わらなかったんでしょうか

思いのままに好きなよに

美味しい気持ちが止まらない夢占い一番搾りだから

美味しい糖質ゼロ一番搾り糖質ゼロ最後だ

乳酸菌て何が違うのでは

免疫の司令と普通の乳酸菌は

一部の免疫細胞しか活性化できません

免疫の司令塔を活性化できるのは

キリンのプラズマ乳酸菌だけ

免疫機能全体に家冷凍から働くキリンのプラズマ

乳酸菌ガレージライフを楽しもう

オールフォーロングライフヘーベルハウス

お仕事の中に美しさを見出す

民芸運動を展開した柳宗悦峡南の総理は

それに反発して

工業デザインの道に進みます

総理が生み出したのは

このバタフライスツールを始め

大量生産が可能なものにデザインを持ち込み

使いやすさを追求した製品でした

ところが結果的に

それは日用品に火を見出す

乳宗吉の考えにつながっていきます

父亡き後総理は

その仕事を継ぐことになるのです

息子の私を置いては身に宗美の理想を生かし

得るものはないと私は信じて疑わない

この家での暮らしが無言のうちに

父から子へ

のメッセージになっていたのか

もしれません

必要とされた

中から出て形に美しさを感じて

その中にいられる幸せ件ですが

寝てそういう愛おしいものに囲まれてると

そのものからすごく元気や

あの心の栄養もらえるんですよね

多分宗吉もそういう思い

だったんじゃないかな

家にいるのどんな時は

一目惚れしたものを買って

身の回りにおいてみませんか

それであなたの暮らしはガラッと変わる

柳宗悦邸生活の中に本当の日がある

 

 

 

 

**************

 

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。