チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

「江戸の天気」【アートシーン】

f:id:tanazashi:20210705193227p:plain

 

 

江戸の天気

 

f:id:tanazashi:20210705193209p:plain

名所江戸百景高輪うしまち。
普段は人や牛車が行き交います。
その賑やかな場所。
広重は雄大な虹と戯れる子犬のいる風景として、雨上がりの静けさに表現しました。
広重はたくみに天気を描き、新しい名所絵を生み出したのです。
描かれた天気に注目することで浮世絵のさらなる魅力を見出す展覧会。

f:id:tanazashi:20210705193201p:plain

広重の傑作《東海道五十三次庄野白雨》
白雨とはにわか雨のこと。
激しい雨に傘を窄め、足早に坂を下る人。
遠くの竹やぶは雨に煙り、しなっています。
広重特有の抒情性は天気によっても表現されていました。

f:id:tanazashi:20210705193153p:plain

同じ白雨でも北斎が描くと全く違う世界に。
富士の山頂付近は晴天。
一方山麓は真っ黒な雲に覆われ稲妻が走っています。
北斎は自然の雄大さを描き出しました。

f:id:tanazashi:20210705193145p:plain

こちらは國貞のうちわ絵。
雪の降る中、頭巾をかぶり、寒そうにしている美人。
暑い夏に手にすれば涼しい風を仰げそう。

f:id:tanazashi:20210705193137p:plain

東京原宿の太田記念美術館で8月29日まで。


 

会場:太田記念美術館

会期:2021年6月26日~7月25日、7月30日~8月29日

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。