チャンスはピンチだ。

響くアートの愛好家

日曜美術館「ホリ・ヒロシ 人形風姿火伝」

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/t/tanazashi/20200405/20200405145636.png

 

人形師・ホリヒロシ。

等身大の人形を一から作り、その人形と一緒に舞う「人形舞」を創設。

この世とあの世をつなぐかのような舞台は、伝統と前衛のはざまにあると名高い。

しかし3年前、人形舞を二人で作り上げてきた妻を失い、喪失感から新作を生み出せなくなった。

コロナ禍の今年、愛する人を失った痛みと向き合わなければと新作へと踏み出す。

若き日にホリから大きな影響を受けたという稲垣吾郎も出演。

その魅力を熱く語る。

 

日曜美術館ホリ・ヒロシ 人形風姿火伝」

放送日

2021年7月18日

f:id:tanazashi:20210724195110p:plain

人形師 ホレ・ヒロシ

f:id:tanazashi:20210724195119p:plain

40年前人形と共に舞う独自の舞台芸術「人形舞」を創設。

生身の役者たちとも共演

 

f:id:tanazashi:20210724195205p:plain

「人間は静かだけど、ホリさん自体はすごく熱い。結構大変ですよね。重いし力も使うし。ワイルドな感じがありました。人形を使ってる時のホリさん。吸い込まれてました人形の魅力に。ホリさんの作り出すものの魅力に。あの時間というのは何だったんだろうもう今でも夢を見ていたかのよう。俳優って役者って舞台の上ではなんか人形みたいだなと思って。どこかこう、心は熱くても頭が冷静でないと舞台で演じることはできないし、大切なことかも。なんか僕という人形を人形師である僕が操ってるみたい。そういう感覚は今でも常にある。そんな時ホリさんのこと思い出します」

f:id:tanazashi:20210724195239p:plain

「この世のものではないものを表す時に人形って一番僕は適してるんじゃないかなと思うんですね。この世とあの世をいとも簡単に飛び越えてしまうっていうのが人形なんではないかなと」

f:id:tanazashi:20210724195314p:plain

「家内を亡くしてから3年経つんですけど、ちょっと深い喪失感みたいなのも実はあって、ここ3年何かに突き動かされて作りたいって実は思わなかったんです」

f:id:tanazashi:20210724195400p:plain

「コロナということもあって活動も自粛して外へも出られぬと、外からのエネルギーが入ってこないんですね。世界全体が悲しみで今覆われてるところなんですけど、それをご自分で癒していく。誰かが与えてもらうんじゃなくて自分から癒して行こうと言う。それにはやっぱり何か一つ作ろう」

f:id:tanazashi:20210724195428p:plain

「死というものを乗り越えた無限なる命みたいなね、

f:id:tanazashi:20210724195457p:plain

果てのないところに飛んで行けて、次元も変えて」

f:id:tanazashi:20210724195544p:plain

 

f:id:tanazashi:20210724195717p:plain

「ちょうど今年で3年。あまりにもあっけなく、その魂ってなくなっちゃうんだって言う。人形というものを通して人に伝えてくっていうことを共にやってたものですから。けもの道を切り開くみたいな感じで

f:id:tanazashi:20210724200057p:plain

舞台を作り、作品を作り。でもいろんな障害を、前は自分で切り倒し、後ろは後ろで家内が刀を振り回し。けもの道をなんとか切り抜けてきたっていう風に来てましたから。桜をテーマで一番最初に行かないのは多くの作品を作ってくれたのが一番最初の出会いだったのですから、桜と舞子と自分の作品っていうのは一体となってるんですね」

f:id:tanazashi:20210724200040p:plain

f:id:tanazashi:20210724200043p:plain

f:id:tanazashi:20210724200047p:plain


 

f:id:tanazashi:20210724200029p:plain


 

「一年のうちの10日あまり燃え上がるように咲いてそれが散って行ってそこに日本の美しさがある。浮き立つような、夢のような、でもその消える寂しさとかうつろみたいなものも一緒に込められたらっていうのがこの蝶花って作品だったと思うんですね

今までは家内の目を通してその日本のAI感

みたいなものを表現した

とこがあったんですね

のぶじょうかみたいなもの

そこで表出してくっていうのは

それの半分以上担ってた

ほりショコラの勝手

疫病蔓延の時期に全てのストップするっていうのととともに自分もそんなに提出するって感じで

冬眠する

なんとなく啓蟄じゃないですけど、もぞもぞと、ちょっとそのものを作るということが始まるって感じがする」

「この頬の辺りとか眉とか、あるってのね

このふっくらしたこの柔らかさ曲線っていうのが家内に。ここにいたんだお久しぶりって感じで。

家内とは21才歳が離れたんですね。40年近く毎日毎日作品を作り

まともに生活をした日に

公園とかもしって言うと

まあ仲の良い親子ですねって

言ってるんですけど

まぁ人様にはこれだけまぁ

片方はゲルマン民族みたいな顔して、片方はモンゴロイドの顔してるのに

親子に見えるというのは何なんだろうと

やっぱそれは何角を一つ

魂で一つ通じているもので

共鳴しあってるからかな

人って本当にある意味夫であり、子供でありあるいは親友であり戦友でありっていう。そこに母性というのものすごく強かったと思うんですね

まだ婦人もはいおいでって来てを差し伸べてくれてる甲府ところに子を体内に回帰させてくれるような、醤油の仏像のような気がしたので、自分はそういう作品って一つも作ってなかったなと」

「家内は常々僕に言ってたんですけど、何かに動かされるのではなくて、自分の作りたいものを必ず問いかける音

家内のそれは私に対しての外来語

クローネラブではなくて

その人をこう慈しむっていうのは

そういう意味の思いをしてもらったんだ

なっていうのが

今頃気づいたんだ

なかないな僕に対してくれた

そのいつくしみふぁいぶ人がお釈迦様へ対する

それこそ真無限なる無限なる

いつくしみっていう

そういうある意味普遍的な死というもの

を乗り越えた女優無限なる命みたいなね

そういうものそういう生命感のある

ちょっとこうだから宗教でもないよ

日本のつきものでもない

その何かこう宇宙的な醤油なんかもの

ができたらなって

凸骸骨の部分は頬骨とか

この顎の骨とかこめかみとか

9日の日様の所とかってのは

左右対称に作るということは

結構仏像の基本と同じなんですよね

人間って左右不対称なんですけど

結構この頃の作品って

毎年ちょっとしたシャープにしてたんですけど

なんかもっとこう

思わずふっくら全てを受け入れるという

その大きな器と言うか

大らかさみたいなものが

何か一つ人形に表せたらいいなと思う

てっていうのはやっぱり救い

もう本当にすくい上げるっていうことだから

その包み込みながら

それが全ての大愛と言うか慈しむ心

どんなにどんな目覚めたなことを人生だったら

どんな悪いことした人ですら救うと言う

それは基本だと思うけど

そういう気持ちで

すくい上げるてっていう感じで

チロリン村とくるみの木とかそのからひょっこり

ひょうたん島とか

そういうのを

ずっと日番組で見て育てたものですから

小学校いち年生の時の作文に

将来なりたいものは

人形劇団の団長になり

たいって書いたんですね

今の子がアニメーターになりたい

ある声優になりたい

っていうのと同じような気持ちで見てるから

自然にあこれになりたいっていうのは

僕にとってすごく自然な流れだったんですね

で隣に行くと

日本舞踊を取ってても気を遣ったり

あるいはその藤の花を持って藤娘を取っ

たりその世界もいいなって思って

これとこれとお股合体って

僕は集合してるって感じですね

なんかに物語の中の登場人物の写真

円的に人形を選んで作ってたものなんで

人の心を抉るとか

人のその痛みを潤すとか

そういう作品を作らないと

人は振り向かないって言っ

たのかないのでしょ

日本の古典とか

そういうものやりたいって言って

でもよく考えた

あなたがやってることは

歌舞伎もどきみたいな話になっちゃうから

それはもう歌舞伎がやることであったり

その日本舞踊がやることであるんでそうじゃない

もっと何で形にとらわれない

心に届くものをしないと駄目

じゃないでしょってその桜をイメージすると

日本の場所に面影を

そこに入れた作品を当て込んでる

作ってくれたって言うしてこれ

これがやりたかったんだ

花屋にひろしっていうものを光として

発酵させて

人に見せるために

自分は闇になるって言ったんでしょうね

やってたんだけど

今考えると僕の引用で言う闇の部分をで

一つのものなってるの

その闇を家内が全部引き受けて

闇というものは

嫌な部分もそれから見えない

ありとあらゆる道路もかぶる

ということも含めてね

それを引き受けて行ってたのがいなくなると

光だけでは成り立たないと

闇を引き受けるって言ってくれたっていうことで

ある意味の大きい針が

愚かで張っててくるような感じがして

文楽の人形の首の素の使い方っていうので

見てこれも本来は

ここは産んだくのも今もそいつ

鯨の髭でやってんでしょこの部分は知ってる

これは金に変えて同じ

今これが今

ここへ来ることによって引っ張ると

これが引っ張られる

引っ張られるのは

ここへちょうど頭の上にこの引っ張るのが

ここへ来ると引っ張られることによって

首が上がる来たけど

さっきのバネで元に戻る作用があるから

こういうのがピチッとこういう風に戻る

地球を見てるよみたいな

そういうなんか地球の色みたいな

こういう色合いですね

これは各々泥岩っていう泥の女って書いてる

室町時代にのもの

表の目の所に金を貼って

その上に薄墨を

これにちょっと涼み乗る時が

ちょっと鈍くなるんですけど

戦国武将の前で

舞う時とかにかがり火を焚いて薪能する時に

これはこういう字八斗子

ひかるの資本金だから

瞬間開くとこを見る時に

心が思わず出てしまってる

時にこので何という方法があるので

そのまま全ての人形にこの方法を取り入れて

なぜかって言ったら

全ての人形に思いが実はあって

それを出さずに演じているっていう事だから

全ての想いを秘めてるものが目から迸る

ようにってことで

やっぱり金っていうのは古代からある

この祭祀の飾りとかにも使われると

同じようにやっぱり光を集めてするって言う

リフレクションの効果があるので

目が開いたり閉じたり

口が開いたりしないから

一つの表情で全部悲しんだり喜んだり

憎しみを表現したりし

なきゃならないので

これは中間表情っていうどっちだにも動かす表現

感情が動く中間の表情ってのは

脳の表の基本と同じように

牧草に作ってますので

ボケの実は人形的なんですよ

あのプラスってくる人

動きができないできないとやらないですから

それでも買ったからそうに言うみたいね

こういうの人が

すごく鋭角的な動きをするわけですね

ましょう道具も

それに折り紙のアイドル化

計画的につけてますからそのそ意味では

全く違和感がない

フランスのポルテ方が何事かの到来だけど

乗って何者かの到来って言い方してました

けど異常に多くの男と表してる言葉かな

と思うんですけれどもそんな感じですよね

まったくこのほりさんの描かれる世界と

僕らがやってる世界とは

非常に共通点が多いと

思いましたね

顔にはドクロになり

目からはウジが湧いて

もう崩れ落ちた妻の顔を見た途端に

現実の男の人は

手を離しちゃうんですよね

まあ確かにそうかもしれないけど

その時のそれが人間といえば

人間なんでしょうけど

その院というお人形で表現する時に

これほど適している国は題材はないなと

人魚って綺麗綺麗って言われるぞ

綺麗の裏には一皮剥いたら

強さがそこにあるって言うことが

人形っていうの

は古代からの充実にも使ったり

副葬品とかにもしたりして

土偶とかはにわとかっても

と思ってるんですけども

この世とあの世ておこう

いとも簡単に飛び越えてしまうっていうのは

人形なんではないかな

特に舞台をやって人形前で表現する時には

現実の人間の演じる役者

とそこに出てくる人気も通わない

人間が人形がまるで生きてるように見えながら

実はこのようないっていうのも

怪しさと文化

体育館への誘う入り口に

人形ってなるんじゃないかな

とか思ってるんです

水子をつけてくれたところに来アイロン

こうかけるときっと恋するじゃないですか

明後日総社なな

カリーナ米のテーブルクロスとかもそうだけど

それと同じで

やればやるほどツヤが出てくるんですね

この違い

日本語の髪の毛友達なんですけど

薄墨でふわっと書いてる

そういう感じが出ればなっていう気持ちで

この色もね

うすずみの色の髪の毛にしてるんだ

これなんかも

その仏像の仏像は口でなくなっちゃって

こういう金属だけが残ってる場合は

これだけ降り出すとか

冠岳が売り出す買ってあるので

本来これなんかも仏像のものなんですよね

これは今日とか書いてあったのが

京子時代ってから

かなえが亡くなってじゅーさん年たちの

仕入れ値かな

今ねもしもの場合

自分がいなくなった時に

一般人形の悪い所と一番良い所

知ってるはずですよって言って

これかなんかあったら

川崎先生にお願いしなさい

って言われたのを思い出して

騙しの誕生みたいな新たなるそれで

ちょっと作ってみようかなって思って

僕はね

先生にまた新しい振り付け

お願いできたっていうのと食塩

そんな雰囲気の曲があったら

そんなねちょっと急なあれなんですけど

そこそこ大変なこと今作るとこだね

今イメージなんです

顔はこれでね

こんな感じで

ちょっとイメージで

作ったままだとちょっと違うし

このストローク掬い上げる

みんなちょっとしっとりしちゃう困っちゃう

でもなんかそのエネルギーに背中押されて

次の一歩行けるようにみたいな

これはあの金井のスカーフとかマフラーとか

質感がすごく好きだったので

それでこれなんか

あの声のイタリアフィレンツェのあの衣装屋さん

生地屋さんでこれを買って

自分のあの人おるあの使ってたんですね

今回はその地球の色みたいな

それに合うかなぁなんて思う

この夜明け前の

色みたいなのと

大地から空に行こう

グラデーションする色みたいな

天女の羽衣風なその色が

これもなおかなと思って

こういうのが入ったら

いかにもその宇宙から見るお札

みたいな感じのイメージが出てくんじゃない

すかねこういう風にドレープを取りながら

女性の原始的な土偶

みたいな渋沢って肩幅もあって

そして子供を産むという

そのエネルギーが満ち満ちてるっていう

孔雀の漢字って感じなんですよね

くと横島と送って書いて

孔雀って言うんでしょ

閉塞感のある

今をのみんなの口とかよこしみなら

そんなもの全部吸い取ってきて

肩代わりするという感じですね

これ最後になんかこう

みんなのものを香水とって

それを燃やして消火しちゃうって言う

前に返しちゃった

みんなもそれではどこなるって言うの

この人形並べ音が鳴らない

どうしてみんな初めて面白いね動きましょう

それが美しくない花もその人形

そこら辺でこう揺らした方が難しい

四季劇場までツムツム

ツムツムちゃうところがあるんですけど

綺麗に綺麗に綺麗に見せることで

それを止めることが動かないこと

中じゃなくてもいいから

伝えられることの方を大事にしてくれるのが

とてもせめぎ合いで寄ってきました

いなくなっちゃってね

いつも声がでも

どっかで聞こえる気がするのですよね

そこにいるって感じですよね

そういうことはね

また寝てるし堀さんに対してはたまにいるけど

他のホラーアンサンブルとか

よこにも理解しなくて

変なことするとするとこれが何でしょうとか

いつもそれとまいこさん

これ絶対だったからだから

堀さんにそうなることが出たさ

せなかったのにわかんないようにね

本当に堀さんの人形とかほりさん

怒ってどんどんどんどん感じてた

あんまりいらないんですただ

いう時はすごくいます

それをできないなら

やめればっていうぐらいの

これは彼しかいないわけでしょ

全然もなければお手本もないわけです

だからこそある意味で

自信があることを

やってほしいんですよね

何かにへつらうようなことじゃなくって

ある備品を持って

ガラガラいてほしいなんてます

何か気持ちが清らかになる物を残した

だから綺麗とか

美しいとかじゃなくていいんですけどね

麗美しいだけじゃ

ずっと続かないと思ってます

何かもう一つね

超えて欲しいものがあるんですよ

私はそしたらすごくなると思う

No2何もかも止めてsiro4

死んだら家内は

宇宙の原子になりたいって言ったんですね

だからお墓の冷たい中に入れないシートで

それで宇宙の塵となって

宇宙の原子となりたい

これ美しさと強さは紙一重

っていう感じになってて

いんとよみたいに

半分だけが焼け焦げて半分もう

富士山の下でやってやいやいて

その宇宙の原子に帰るということが

最後と思ってたら夜食じゃなくて

次にあなたの道

これで釣ってバトンを渡された気がして

これこれでアリだな

これは作品として今やっていう名前で

こんなことがあっても

まだ人を救い上げるっていう

美しいだけでは

心に突き刺さらないんだなって改めてまあ

舞台もやってみてchoconori追い払って

その下の心臓に来てを

鷲掴みにするっていうことは

こういうことなんだっていう

ことはなんかちょっと光が差したって感じかね

今ちょっと後屈してたところに

 

取材先など

00

放送記録

av98ingram.wpblog.jp

 

 

書籍

 

 

 

 

展覧会

 

映画、ドラマ、アニメの動画視聴ならU-NEXT<ユーネクスト>。映画やドラマ、アニメの名作はもちろん、最新作も超充実なコンテンツ数が特徴です。その数120000本以上。まずは31日間の無料トライアルを是非お試しください。